金メダル直後に喜び爆発の様子とは

 東京五輪フェンシング男子エペ団体決勝が30日、千葉・幕張メッセで行われ、世界ランク8位の日本(山田優、加納虹輝、宇山賢、見延和靖)はロシア・オリンピック委員会(ROC)を45-36で下し、全種目通じて日本初の金メダルを獲得した。前日本協会会長の太田雄貴氏(現・国際連盟副会長)はツイッターを更新。悲願を達成した“歓喜爆発の1枚”の画像を公開すると、国内ファンから「東京五輪が決まった時の写真と被って見えた」と注目を集めている。

 喜びを抑えきれない。フェンシング界の第一人者である太田氏は1枚の画像を公開。大勢のカメラマンに囲まれ、目の前には戦いを終えた直後の宇山がいる。マスクをしているが、目を見開き、嬉しそうな感情が伝わってくるようだ。

 文面には「最高すぎる!!」などとファンへの感謝をつづって投稿。コメント欄には祝福の言葉が殺到したほか、「感動して号泣しました」「もう、涙涙涙…」「報われてよかった」「誘致にはじまり様々な行動や発信、これまでのご尽力、とてもとても尊敬します!」と感動を呼んでいる。

 中には「東京オリンピックが決まった時の写真と被って見えました」という驚いた様子の反応も。太田氏は東京五輪招致に尽力。2013年の開催が決まった瞬間に叫びながらガッツポーズした様子は、当時の海外メディアでも多く発信されて話題を集めていた。(THE ANSWER編集部)