スイス選手が交流シーンをSNS投稿、日本人ユーザーから反響が続々

 東京五輪フェンシング男子のスイス代表選手が、日本人警備員に感銘を受けたようだ。インスタグラムに動画を公開。翻訳アプリを駆使して交流し「礼儀正しさと敬意を知れた」「言葉のバリアを越えた」とつづっていたが、これがファンの反響を呼んでいる。

 こんな交流も五輪ならではだ。屋外に立つスイス代表のベンヤミン・シュテフェン。目の前にいるのは警備員だ。シュテフェンはスマホを片手に何やらコメント。気持ちを伝えたようで、ペコペコとお辞儀。警備員はちょっとタジタジだが、微笑ましいシーンだ。最後におやつのようなものをプレゼントしている。

 動画を公開したシュテフェンは「バブル外の人とは接触ができない。けれど、ホストとしてベストを尽くしてくれている地元の人との交流にトライした。僕には長い会話をするほどの日本語力はない。ありがたいことにテクノロジーのおかげで言葉のバリアを越えることができた。翻訳ツールを使って実際に会話ができたことで、日本人の礼儀正しさと敬意を知ることができた。彼らのマナーには本当に感動したよ」と文面につづった。

 するとこれに日本のファンも反応。コメント欄には「心から感謝します」「良いビデオ。日本に来てくれてありがとう」「私たちは本当にあなたたち選手と交流したい!」「また帰ってきてくれることを祈ってます」「優しさをありがとう。私たち日本人は感情を表現するのがあまり得意じゃないんです」「優しさに心温まりました」などと英語で書き込んでいる。

 39歳のシュテフェンは男子エペ個人戦で29位、同団体は8位だった。(THE ANSWER編集部)