グラウンドクルーが一斉退場、なぜ?

 米大リーグで前代未聞の退場劇が起きた。15日(日本時間16日)のオリオールズ―ヤンキース戦で、選手や、監督、コーチではなく、グラウンドクルーが退場処分に。いったい何が起きたのか。米放送局が実際の映像を公開。解説を務めたレジェンドは「グラウンドクルーが退場になるなんて見たことない」と驚いている。

 突然だった。オリオールズが1点リードの9回だ。審判が退場のジェスチャーを繰り出した。その対象は選手でも監督でもコーチでもない。グラウンドクルーだった。オリオールズの本拠地オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズのタグアウトに控えていた10数人のクルーたちは一斉に球場からの退場を命じられたのだ。

 なぜなのか。米マサチューセッツ州地元放送局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」ではこのシーンについて「オリオールズのグラウンドクルーがヤンキース戦で、雨が降ってくる直前に退場に」と題した記事でレポート。こう説明している。

「ボルチモアに雨雲が接近してくる中、クルーはトラップの後ろで待機していた。明らかにティモンズ(三塁塁審)はその介入が気に食わなかったようだ。彼らを退場処分にした」

 雨に備えていたクルーが試合に介入しそうだったことが、塁審に退場処分を下された要因のようだ。記事では「米スポーツメディア『ジ・アスレチック』のダン・コノリー記者によると、クルーは試合終了後に戻ってきて仕事をこなしたそうだ」と続けている。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターでは「オリオールズのグラウンドクルーが退場に」として退場シーンの映像を公開。同局の解説を務めた殿堂入り元投手ジム・パーマー氏は「グラウンドクルーが退場になるなんて見たことない」と驚いている。

 試合はこの退場劇の後、後ヤンキースが逆転。4-3で勝利を収めている。(THE ANSWER編集部)