76歳のラルーサ監督「故意ではない」と否定

 米大リーグ、エンゼルス・大谷翔平投手は16日(日本時間17日)の敵地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発出場。4打数2安打だった。6点リードの9回2死では右腕のライトJr.から右ふくらはぎに死球を受け、これによりライトJr.と、ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督が退場処分に。通算91度目の退場処分を受けた敵将は「故意でない」と主張している。

 騒然とした雰囲気の中で、大谷なりの気遣いだったのかもしれない。9回2死の場面で死球を受け一塁へ。大谷は怒りをのぞかせるどころか、一塁手のシーツの左肩をモミモミしながら笑顔で会話をかわしていた。

 一方で報復死球とみなされたことに猛抗議した76歳のラルーサ監督も退場処分に。米地元紙「シカゴ・サンタイムズ」では「ホワイトソックスのメモ:トニー・ラルーサが故意でショウヘイ・オオタニに当てたことを否定」と題した記事で報じている。

 ライトJr.はキャリア初の退場だが、ラルーサ監督は今季3度目。キャリアではなんと91度目の退場処分になったという。

 報復死球となった伏線として「ホワイトソックスのヨアン・モンカダ、ルイス・ロベルト、ホセ・アブレイユが3連戦の1試合目でエンゼルスの投手から死球を受けていた」と振り返り、「トニー・ラルーサは今季はあまり報復していないが、キャリアの序盤ではそういった傾向を指摘されていた」と続けている。

 そしてラルーサ監督は「故意ではない」「つじつまが合わない」と報復であることを否定しているという。(THE ANSWER編集部)