20日の日本ハム戦のスーパープレーが再生6万5000回を突破

 プロ野球、パ・リーグで首位を走るロッテ。20日まで行われた日本ハム3連戦(札幌D)では計1失点と守り、2勝1敗の勝ち越しで終えた。20日の試合では、大ピンチで遊撃手アデイニー・エチェバリアが中前に抜けようかという打球に横っ飛び。ギリギリで好捕するスーパープレーを魅せた。実際の映像はSNS上でも話題に。スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが公開した動画だけでも6万5000回を超えて再生されている。

 この男でなければ、ロッテの勝利はなかったかもしれない。1点リードで迎えた8回の守備。1死二、三塁のピンチで、日本ハム・西川が外角の球をはじき返した。ライナー性の打球が中前へ。同点、逆転もあるか――。誰もがそう思った次の瞬間、やや二塁ベース寄りに守っていたエチェバリアが飛んだ。体を横に倒して宙に浮き、左手を伸ばしてギリギリのところでボールを掴んだ。

 美しい横っ飛びで、見事にアウト。失点を防ぎ、ガッツポーズを見せた。手応えのあった西川も、まさかの好捕にうなだれた。実際のスーパープレーをDAZN公式ツイッターが動画で公開。「ロッテの遊撃手はエチェバリアだ 横っ飛びで超ファインプレー」と文面で伝えた。

 身体能力を活かした守備がメジャーでも評価されていたエチェバリア。好捕直後のツイッター上のファンからは「やばすぎ」「まさにメジャー!」などと興奮の声があがっていたが、動画は6万5000回を超えて再生され「エッちゃん毎試合、宙に浮いてる気がする」「何度でも見られる」「こんな凄いヤツがおったのか」「これで3杯は飯が食えるわ」「うますぎて引いた」「抜けてたら今日負けてたわ」などと驚きの声はさらに増えていた。(THE ANSWER編集部)