球宴で実現していた豪華2ショットの裏話とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手について、MVP争いのライバルであるブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が語っている。7月のオールスターで2ショットが実現。一度は撮影を拒否した当時の裏話を振り返っている。

 日本時間24日時点でリーグの本塁打王争いはゲレーロJr.が46本、大谷は1本差で追っている。そんな中、米スポーツ専門局「ESPN」のマーリー・リベラ記者は、自身のツイッターでゲレーロJr.へのインタビュー動画を公開。同記者が繋いで実現した2ショット写真を話題にしている。

 球宴を取材していたリベラ記者は、グラウンドで大谷の隣にいたゲレーロJr.に「一緒に写真を撮りなさいよ」と勧めた。ところが、ゲレーロJr.は「No。彼と写真を撮りたいけど、知り合いじゃないからさ」と人見知り。代わりにリベラ記者が大谷に撮影をお願いしたという。

 リベラ記者は「オオタニは私にこんな感じで話していたんですよ。『なぜ頼んでくるんですか? ブラディミール・ゲレーロJr.ですよね。僕も是非一緒に写真を撮りたいですよ』と」と当時の状況を説明。リクエストに応じた大谷とともに、若きスーパースターの2ショット撮影が実現した。

MVP争いのライバルが語る大谷翔平とは「超謙虚な人間なんだ」

 動画内で当時を振り返っているゲレーロJr.。人見知りというよりも大谷への気遣いがあったようだ。

「野球選手としては、互いの空間を配慮しなければいけないことを僕は理解しているよ。彼のプレー中に写真を撮りたくはなかった。集中していたり、考え事をしているのかわからなかったから。だから、『知り合いじゃないから』と言って、君(リベラ記者)に聞いてもらったんだよ。もし彼に断られても、僕じゃなくて君に『No』と言うわけだからね」

 大谷については「彼はとても謙虚な人間さ。彼の取り組んでいる役割、今シーズンの活躍に関しては特にそう思う。超謙虚な人なんだ」と好印象を持っているようだ。今季の50本塁打については「可能だ」と自信を見せ、MVP獲得には「分からない。多分(獲れる)」と控えめだった。(THE ANSWER編集部)