大谷翔平は「エンゼルスに残るべき」、ESPN記者がPS進出に向けて断言

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の契約について、米記者は残留を提言している。チームは2014年以来ポストシーズンから遠ざかっている中、二刀流で大活躍。米スポーツ専門局「ESPN」の記者は「エンゼルスに残るべき」と語っている。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のラジオ番組「ダン・パトリック・ショー」は、公式YouTubeに動画を公開。「エンゼルスはショウヘイ・オオタニがプレーする最良の場所なのか」と題し、そこにはESPNのティム・カークジャン記者が出演した。チームは今季77勝85敗で負け越したが、「彼はエンゼルスとともにプレーすべきだ」と断言した。

「マイク・トラウトと彼は誰もが見たいと願うスター。私はそこまで(ポストシーズン進出まで)遠くないと思っている。これを実現させるには、上質な先発投手3人を補強しなければいけない。その上でクオリティの高いリリーフ2人の補強も必要だ。彼らの資金力を考えれば、実現可能なんですよ」

 大谷は投手として9勝2敗だったものの、チーム防御率4.67はリーグ12位と投手陣は打ち込まれた。大型契約を結ぶ主砲のトラウトと大谷のコンビに加え、新たに投手5人の補強に成功すれば、チーム力はポストシーズン進出に近づくと分析している。

トラウト&大谷の共演へ熱弁

 さらにカークジャン記者は、トラウトと大谷の2人が必要だと熱弁した。

「マイク・トラウトはほとんどの人にとって史上最高の選手です。ウィリー・メイズも実際に見ているので、2番目に最高の選手かもしれない。しかし、ショウヘイ・オオタニは誰もが見たことのなかった選手だ。想像してください。史上最高の選手と、史上最も驚くべき選手がチームをプレーオフに導くんだ。

 この2人は一緒に留めなければいけない。すべての手段を使って、周囲の選手を固めるんだ。プレーオフまではそこまで遠くない。野球の面白い部分で、本当にいいチームがダメなチームになることもあれば、すごくダメなチームも優秀なチームに変貌することもあります。だが、今すぐに投手陣を改善しなければならない」

 投手陣の再建が急務。それを達成すればスターコンビがプレーオフに導くというシナリオは実現可能だと論じていた。(THE ANSWER編集部)