PSでレッドソックス・イグレシアスの祝福が注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の元同僚で、大谷の本塁打の際には熱烈な祝福を浴びせていたホセ・イグレシアス内野手。今季途中にレッドソックスに移籍したが、新天地でも明るさは健在だ。15日(日本時間16日)、ポストシーズンで本塁打を放った選手をカートに乗せ、移動させつつハイタッチさせている実際の映像が米メディアに公開されると、日本のファンからも「相変わらず賑やか」「楽しそう」などと反響が寄せられている。

 大谷との仲良しぶりで知られたイグレシアス。移籍先のレッドソックスでも熱烈歓迎は健在だ。アストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズの3回、キケ・ヘルナンデス外野手が本塁打を放ち、ベンチに戻ると、かご付きのカートを手に待っていたのがイグレシアスだった。

 かごに乗るように促し、ヘルナンデスが乗ると、ハイタッチを待つ同僚が両脇に並んだ通路を勢いよく押していく。まるで遊園地のアトラクションのようだ。終点につくと、イグレシアスが最後に両手でハイタッチ。チームを盛り上げていた。

 実際の映像を米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが公開。9月に入ってから加入したためポストシーズンには出場できないイグレシアスだが、チームに帯同してムードを作っている。エンゼルス時代は大谷が本塁打を放つと、ベンチ前で真っ先にお出迎え。ハグや強烈ハイタッチなどを交わしていた。

 このシーンにはツイッター上の日本のファンも注目。「お仕事してた」「イギーが楽しそうにカート押してて」「イギーの楽しそうな姿が見れて良かった」「いいチームだなあ」「相変わらず、HR後賑やかなイグレシアス」などと投稿されていた。(THE ANSWER編集部)