米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終R

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われ、松山英樹(LEXUS)が通算15アンダーで優勝を飾った。一時はリードしながら5打差2位に終わったキャメロン・トリンゲール(米国)は、ギャラリーの拍手にサービス精神旺盛なリアクションで応え続けた。

 松山に2打差で迎えた最終18番パー5。トリンゲールは2オンを狙ったショットを大きく右に曲げた。3打目は横に出すだけで、4オン2パットのボギー。ツアー初勝利は逃したが、スッキリした笑顔で拍手に応えた。

「リスクを取らないといけなかったが、残念ながらうまくいかなかった。ただ、16番まではとても良いプレーができたよ」

 松山と1打差の2位スタート。1番パー4からピンチを迎えたが、4メートルのパーパットを沈めた。9、10番で連続バーディーを奪い、一時は松山を1打リードした。しかし、その後は重圧からかパットが打ち切れず、ショットもブレ始めた。

 ただ、その明るさは十分に観客をひきつけた。拍手を受ける度に手を挙げ、サムアップポーズ。ホール間の移動中も手を振り、ティーグラウンドで見つけた子供にボールをプレゼントすると、「サンキュー」と言われて笑顔を見せた。観客からは「素晴らしい人柄、応援したくなる」の声も上がるなど、アウェーの構図を払拭した。

 松山の優勝については「18番で素晴らしいセカンドショットを打ち、(イーグル)パットも決めて、まさにハッピーエンドだったね」と祝福。「日本のファンは彼のことが大好き。彼はとても集中しているし、自分に厳しく、それが良い結果につながったのだと思う」と称賛した。日本でインパクトを残した34歳は、今後もツアー初優勝を目指していく。(THE ANSWER編集部)