JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終R

 女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、三ヶ島かな(ランテック)がツアー初優勝した。また、2020年との統合シーズンで行われた今季全日程が終了。最終戦を賞金ランク1位で迎えた稲見萌寧(都築電気)と同2位で迎えた古江彩佳(富士通)の一騎打ちとなった賞金女王は、稲見が初めて獲得した。

 15位から出た稲見は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73でスコアを1つ落とし、通算イーブンパーとしたが、上位陣がスコアを崩したことで順位は9位タイまで上昇。ラウンド後は賞金女王の行方について「気が気じゃないですけど、自分がやる最低限のことはできました」と語っていたが、古江は3バーディー、3ボギーの72でスコアを伸ばせず、通算6アンダーの3位タイに終わり、初の賞金女王が決まった。

 決定後には涙を流した稲見。「泣くつもりはなかったけど、(奥嶋)コーチに泣かれたらこらえられなかった」と明かした。そんなコーチとともに歩み、今季は東京五輪銀メダルにツアー通算9勝など、躍進のシーズンに。「良かったところも多いけど、しんどかったことも多い。今週もしんどかったので、そこを支えてもらえてよかった」と感謝した。

 さらに、来季に向けても「今年のオフにもっとトレーニングをして、自分のゴルフの実力を上げて、来年もさらにパワーアップしていきたい。(目標は)まだ考えてはないけど、とりあえず1年に1勝を目標にしているので、そこはクリアしたい」と語った。1988年のツアー施行後、07年の上田桃子(21歳156日)に次ぐ2番目の年少(22歳122日)で戴冠。若き女王はさらに成長を目指していく。(THE ANSWER編集部)