JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでツアー初V

 女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは28日まで行われ、25歳の三ヶ島かな(ランテック)がツアー初優勝をメジャー制覇で飾った。緊張気味だった優勝スピーチでは、まさかの“課題”も笑顔で話し、ギャラリーを笑わせた。実際の映像を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が公開。ファンからは「初々しくて可愛い」「カミカミでもいいんです!」などと反響が寄せられている。

 初めての優勝スピーチ。三ヶ島が初々しく、笑顔で話した。優勝者に贈られる赤いジャケットをまとってマイクの前に立っているが、少し緊張気味のようだ。少し間をあけて家族、スポンサー、ファンへの感謝を口にした後、こう続けた。

「この1勝だけで終わらず、何度も優勝でき、またちょっと上手なインタビューができるように練習してこようと思います」

 周囲で聞いていたギャラリーからは思わず笑い声が漏れた。三ヶ島は爽やかに笑顔で一礼してスピーチを終えると、今度は大きな拍手が送られていた。実際の映像をJLPGA公式インスタグラムが公開。ファンからは「次の優勝インタビュー待ちどおしい」「そら緊張するわな」「感動しかないです」「カミカミでもいいんです!」「初々しくて可愛いかった」「とても素敵です」などとコメントが書き込まれている。(THE ANSWER編集部)