松山英樹が米ツアー通算8勝目

 米男子ゴルフのソニー・オープン最終日が16日(日本時間17日)、米ハワイ州ワイアラエCC(7044ヤード、パー70)で行われ、2打差の2位で出た松山英樹(LEXUS)は通算23アンダーで並んだラッセル・ヘンリー(米国)とのプレーオフ(PO)を制した。敗れたヘンリーは「ヒデキは今日ずっと素晴らしかった」と勝者を称賛。米メディアが報じている。

 2打差の単独首位で出たヘンリーは、優勝へまっしぐらだった。前半2番でバーディー。6番から3連続バーディーで伸ばすと、9番でイーグルを奪ってみせた。松山と5打差。しかし、後半11番でボギーを叩くと、その後はパープレーでマスターズ王者に並ばれた。PO1ホール目は松山がイーグルだったのに対し、自身はボギー。優勝がこぼれ落ちた。

 世界ランク40位の32歳。2017年4月以来の米ツアー4勝目はならず、米専門局「ゴルフチャンネル」はヘンリーのコメントを紹介した。「優勝できると思っていた。(プレーオフでは)ティーショットは悪かったけど、素晴らしいパットを打てた。あのパットには満足している」と振り返っている。

 今大会は13年に初優勝した大会。相性がよかっただけに「勝てなかったこと、いまだに悔しくて頭をかいている。もう少しで勝てた。(敗北を)受け入れることが難しい」と悔しさを吐露。「でも、ヒデキは今日ずっと素晴らしかったよ」と勝者を称えることは忘れなかった。

(THE ANSWER編集部)