米男性ファッション誌「GQ」が「今週の時計」と題して紹介

 前週の米男子ゴルフ、ソニー・オープンで優勝した松山英樹(LEXUS)が表彰式で着用していた約160万円の高級時計に米男性ファッション誌「GQ」が注目している。

 王者に似合う時計だ。ソニー・オープンで優勝した松山が表彰式で着用したロレックスのサブマリーナー・デイト。シルバーとイエローゴールドのベルトと、紺色のシックなケースが高級感を増している。ロレックスの公式サイトによると、163万円を超える代物だ。

 この豪華な時計に注目したのが米男性ファッション誌「GQ」。「今週の時計」としてスポーツ界において注目すべき時計を特集した。米プロフットボール(NFL)のトップ選手、パトリック・マホームズと全豪オープンに出場した大坂なおみが着用した時計に続けて、松山の時計を「人々が色々な時計を好むいまの時代だが、ロレックスのサブマリーナーだけは意見が一致する」などと不動の人気モデルを紹介した。

 松山はプレーオフを制し、崔京周(韓国)と並ぶアジア人最多タイの米ツアー8勝目を記録。世界ランクでも約3年半ぶりにトップ10入りを果たした。プレー以外も脚光を浴びるのは米国内で注目を集めている証かもしれない。

(THE ANSWER編集部)