大谷翔平が8回2安打無失点で今季6勝目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で先発し、8回2安打無失点、メジャー自己最多の13奪三振で5-0の勝利に導いた。2本塁打8打点の翌日に108球の熱投で今季6勝目。相手打者は完敗したにもかかわらず、「彼と同じグラウンドに立つのは、間違いなく楽しいこと」と喜びを口にした。

 大谷のパフォーマンスは相手も魅了した。初回先頭から2者連続安打を許したが、後続をピシャリ。2、4回に3者連続三振を奪って波に乗ると、160キロの直球に多彩な変化球を織り交ぜて三振の山を築いた。8回2死で13個目の三振を奪って降板。初回の2安打以降は8回を“ノーノー”に封じた。

 ロイヤルズは前日、大谷に3ラン2本を含む4打数3安打8打点を許しながら勝利を収めたが、この日は敗れた。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は、初回先頭で中前打を放ったウィット・メリーフィールドのコメントをツイッターで紹介。1番打者は「いまだに驚かされるような要素がある。彼がやっていることは他に誰もやっていない」と異次元の二刀流を称賛し、こう続けたという。

「間違いなく唯一無二で、一世代に一人のタイプの選手。彼と同じグラウンドに立つのは、間違いなく楽しいこと」

 メリーフィールドは4打数1安打。チームはきりきり舞いにさせられたが、歴史に名を残し続けている大谷との対戦は特別な感情沸くようだ。

(THE ANSWER編集部)