「大谷翔平の日」セレモニーに参加

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地があるロサンゼルス市役所に招かれ、5月17日を「大谷翔平の日」とするセレモニーに参加した。その舞台裏を球団専属カメラマンが公開。警備員と仲良く記念撮影したシーンには、ネット上の日本ファンから「スタイル抜群!」「警備員よりゴツいぞ」などと注目されていた。

 スーツ姿が映える大谷。ロサンゼルスの警備員と並んでも、その恵まれたガタイは際立っていた。

 駐車場で両脇に計6人の警備員が立った。制服を着用。胸板、腕の太さからも屈強さを感じさせる。しかし、頭一つ大きな大谷は全く引けを取らない。そして厳しい職業に就く警備員たちと、にっこりと爽やかな表情が印象的だ。

 この写真を球団専属カメラマンのジョン・スーフー氏がインスタグラムに公開。X上でも日本ファンの反響を集めていた。

「スタイル抜群!」
「なんか勇ましくてカッコいい」
「警備員よりゴツいぞ」
「俳優さんみたいです」
「警備員だって写真撮りたいよね」
「一番強そう」
「警備員より立派な体格!」

警備員と撮影する大谷翔平(画像は球団専属カメラマンのジョン・スーフー氏のインスタグラムより)

 ドジャース1年目、その人気ぶりは随所に現れている。

(THE ANSWER編集部)