リゾートトラストレディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー・リゾートトラストレディスが23日に関西GC(6545ヤード、パー72)で開幕し、初日にツアールーキーの高木優奈(フリー)がホールインワンを達成するなど、1イーグル、1バーディー、1ボギーの70で回り、17位発進となった。賞金30万円を獲得。本人は「すごい良い所に落ちてくれたのでよかったです」と喜んだ。直後の10番では“悲劇”もあったようだ。

 165ヤードの8番パー3。7Iを振り抜いた高木の一打はグリーン手前に着弾すると、ピンに向かって一直線。少し強めのボールは飛び出そうになりながらも、そのまま入った。見届けた高木は両手を上げて万歳。口を大きく開けて喜びながら同伴競技者やキャディーたちとハイタッチし、右手で指差しながら、ウインクも見せた。

 動画を公開した日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式Xは「初エースに思わずバンザイからのカメラにウインク」とつづった。ファンからは「ブラボー!!!!!!」「苦労人!諦めずにプロをめざした執念に“神様からの贈物” おめでとう」「素晴らしい!凄いですね〜!」「おっめでとー」「ないすぅー」「飛び跳ねて入るのを見ましたよ」といった祝福の声が上がった。

 昨年、6度目の受験で合格率3%のプロテストに合格した“黄金世代”の一人。昨年12月のツアー最終予選会(QT)で14位になり、今季前半戦の出場権を獲得した。「ラインだけは出てたんですけど、ちょっと弱いかなと思っていた」とプライベートを含めても2回目というエースに驚き。賞金30万円を獲得し「欲しいものは特にないので、みんなでご飯食べに行けたらいいかなっていう感じです」とコメントした。

 ただ、エースを決めたボールは残念ながらもう手元にはないようだ。10番パー5で池ポチャ。「キャディさんに『とっとく?』って言われたんですけど、新しいボールを出す方がもったいなくて、貧乏性が抜けなくて。使えるならそれでってやっていたら池に入っちゃいました。ボールから私のもとを離れていきました」と自虐的に明かしていた。ただ、このホールはパーでしのいでいる。

(THE ANSWER編集部)