週刊少年ジャンプの「ジャンプスポーツ漫画賞」の審査員に抜擢

 米大リーグのドジャース・大谷翔平投手にまさかの大役が舞い込んだ。集英社の漫画誌「週刊少年ジャンプ」は同誌が開催する「ジャンプスポーツ漫画賞」の審査員を大谷が務めると発表。計4人の審査員で、最終候補の作品を全作品読んで審査するといい、瞬く間に反響が広がった。

 大谷は「SLAM DUNK」の井上雄彦氏、「アイシールド21」原作の稲垣理一郎氏、「黒子のバスケ」の藤巻忠俊氏という日本が誇る大人気スポーツ漫画の生みの親と審査員を務める。発表したジャンプ編集部の公式Xには驚きの声が相次いでいる。

「ドジャース連敗より、こっちの方が耳を疑う」「最終審査ヤバすぎwww笑っちゃった」「審査員の顔ぶれが豪華すぎて」「漫画を超えた人が審査するのはもう説得力しかない」「漫画作家陣だけでもすごいのに…大谷さんも!!?」など、大谷がどんな評価を下すのか注目が集まった。

(THE ANSWER編集部)