大谷14号時の上空に注目

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地メッツ戦に「2番・DH」で先発し、10戦ぶり14号2ランを含む5打数2安打3打点で10-3の3連勝に貢献した。46打席ぶりの一発は逆方向弾。直後、上空で生まれた“偶然の演出”を発見した米識者は「ワイルドだ」と驚きをもって紹介している。

 想定外のコラボだった。7-3の8回2死二塁。大谷は左翼スタンドに飛び込む14号2ランを放った。悠然とダイヤモンドを一周。二塁から三塁に向かう際、右翼席後方の上空を1機の航空機が通過していた。偶然にも大谷の本塁打と重なるタイミングで飛び去っていったようだ。

 Xに動画を公開したのは、米紙「NYポスト」のエグゼクティブプロデューサー、ジェイク・ブラウン氏。「シティ・フィールドの上空を飛行機が通過するのと全く同じ時に、ショウヘイ・オオタニの本塁打が球場から飛び出した。ワイルドだ」とつづった。撮影場所の周囲では大谷の本塁打を喜ぶファンの姿も見られた。

 大谷の一発がダメ押しとなり、ドジャースは前日のダブルヘッダーの連勝と合わせて3連勝。チームも復調気配だ。

(THE ANSWER編集部)