大谷翔平14号に敵地実況席も驚き

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地メッツ戦に「2番・DH」で先発し、10戦ぶり14号2ランを含む5打数2安打3打点の活躍で10-3の3連勝に貢献した。46打席ぶりの一発。敵地実況席が「貢献度は極めて低い」と指摘した直後の一撃となり、「貢献しましたね」と“手のひら返し”の結末だった。

 逆方向に伸びて行った。7-3の8回2死二塁。大谷は右腕ロペスの外寄りのボールを逆方向へ。左翼スタンドまで運ぶ一撃だった。10戦&46打席ぶりの左越え14号2ラン。敵地実況席も驚きをもって伝えた。

 本塁打の前、米ニューヨーク州地元局「スポーツネット・ニューヨーク」の中継では、実況のゲリー・コーエン氏が「このシリーズをスイープしようとしているドジャースにあって、オオタニは9打数1安打と貢献度は極めて低いです」とチクリ。不振が続く大谷に触れた。

 しかし、直後に「今、左翼へ深い打球を放ちました」と実況し、「ニモが追って見上げたが……入った。貢献しましたね。逆方向への2ランです」とねじ伏せられ、言葉を覆さざるをえない状況に。解説のロン・ダーリング氏も「彼はとても力強い。逆方向へ飛ばせるとてつもないパワーの持ち主だ」と驚いた。

 さらに「ただただ、力強すぎる……。打者はボールにバックスピンをかけるなど言ったりしますが、オオタニよりもそれを上手くできる選手はいません」と称えた。ドジャースは5連敗から3連勝。メッツとの3連戦で苦境から脱した。

(THE ANSWER編集部)