父の日を記念して入場者に配布されたビーチハット

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、2打席連発となる18号ソロ、19号ソロを放った。3打数2安打2打点で3-0の勝利に貢献。球場には無数の“麦わらの一味”が登場し、ネット上でも「みんな麦わら帽子かわいい」「観客麦わら帽子みんな被ってるなんで??」と話題を呼んでいる。

 ドジャースタジアムの客席に、無数の“麦わらの一味”が現れた。お揃いの帽子にはお馴染みの「LA」マーク。父の日を記念して入場者に配布されたビーチハットだった。現地午後1時11分(日本時間午前5時11分)に始まったデーゲーム。雲一つない快晴に茶色の帽子が映える中、大谷は2打席連続で快音を響かせた。

 まずは3回1死走者なしの第2打席。先発右腕シンガーのシンカーを捉え、4試合ぶりとなる先制の18号ソロを左中間に叩き込んだ。飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾。さらに6回の第3打席では初球を一閃し、シンガーのスライダーを右翼席へと運んだ。飛距離400フィート(約121.9メートル)の19号ソロ。今季自身2度目となる1試合2本塁打で3-0の勝利に大きく貢献した。

大谷HRで客席に映った麦わら帽子のファンたち【写真:ロイター】

 早朝からNHKなどの中継を見届けた日本人ファンは背後に広がる珍光景に続々と反応。X上では「みんな麦わら帽子かわいい」「観客麦わら帽子みんな被ってるなんで??」「日本ではあまり見ない麦わら帽子を久しぶりに見た」「なんで麦わら帽子こんな多いん?」「ホームラン飛んだ方向に、麦わら帽子がいっぱい後ろ向いてるのがかわいかったね」「何やこの麦わら帽子集団」と驚きの声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)