ドジャースがロッキーズに5点差大逆転

 米大リーグのロッキーズ―ドジャース戦が18日(日本時間19日)にクアーズフィールドで開催された。4-9と5点を追うドジャースが、9回に大逆転。代打ジェイソン・ヘイワードの満塁弾と、テオスカー・ヘルナンデスの逆転3ランで一挙7得点を挙げ、11-9で勝利した。しかし、ヘルナンデスの本塁打の直前の判定を巡り、ロッキーズ側からはグラウンド内外から怒りの声が上がった。

 あと1球の状況から勝利が零れ落ちた。ロッキーズは9-4とリードした9回の守備で、1死満塁から代打ヘイワードに右翼ポール直撃の4号満塁弾を打たれて1点差に。さらに2死一、二塁とピンチが続いたが、4番手ボドニクがヘルナンデスを2ストライクに追い込み、高めの直球で勝負。ヘルナンデスのバットが出たかに思われたが、一塁塁審バークスデール氏はノースイングの判定だった。

 ロッキーズのバド・ブラック監督はベンチから怒りの声を上げ、退場処分に。その直後、ヘルナンデスに逆転の18号3ランを浴びた。打球を見送った右翼手ジェーク・ケーブは、一塁塁審の方に向かって怒りの仕草を隠さなかった。

 試合後、MLB公式のロッキーズ地元中継では、ブラック監督が「スイングだった。チェックスイングだったが、彼(ヘルナンデス)のバットは回っていたと思った」と語り、ケーブの様子についても言及。「全ての選手が彼と同じように怒っていた」「怒っていたのは彼だけではない。これは感情的な試合だった」とチーム全員に怒りが広がったと強調した。

 同じ中継内でケーブは「この時点でみんながプレーを見たと思う。僕はランス(バークスデール一塁塁審)と同じく右翼線にいた。微妙ですらなかったと思うよ。リアルタイムで見ていてもね」と怒りを露わにしていた。

「ランスにスイングだったとライトから怒鳴りつけたんだ。イニング終わりに駆け寄ったら、僕の目を見ながら『際どくすらなく回っていない』と言われたんだ。それで余計に怒ってしまってね。世界中のみんなが、少なくとも際どかったことは見て分かる。彼はスイングしていたんだから」とその後のやり取りも明かした。

 ケーブはさらに「あれはスイングだった。それで試合終了。三振でドジャースを倒せていたんだ。だから激怒してしまったよ。『際どくすらなく回っていない』なんて言われれば、我々に敗戦をもたらした説明責任を果たしていないんだから怒り心頭だよね。でも、今何ができるんだというんだ。しょうがないよ」と、バークスデール塁審の態度にも不服の様子だった。

 ロッキーズ側の放送では、実況のドリュー・グッドマン氏がノースイング判定の瞬間「振った! オーノー! ランス・バークスデールはノーと言った!」と困惑。リプレー映像を見返した解説のコーリー・サリバン氏も「(バットが)回ってますね」と指摘した。直後の3ランに、グッドマン氏は「勘弁してくれ! 三振が3ランになってしまった!」と不満を爆発させていた。

(THE ANSWER編集部)