試合中に米国リベロが始めたファンサービス

 日本も参加しているバレーボールの男子ネーションズリーグ(NL)は22日、フィリピン・マニラで1次リーグ第3戦を行い、世界ランキング5位の米国は同12位のドイツに3-1(25-23、21-25、26-24、25-23)で勝利した。この試合中にリベロがファンにまさかの神対応。海外ファンに「とてもユニークなファンサービス」と称賛されている。

 コートで選手が上げたボールを、スタンドのファンがレシーブした。背番号10をつけたリベロのカイル・ダゴスティーノに向かって、ファンからはこっちに打ってくれとばかりに数々の手が上がった。しかも接戦を繰り広げているさなかの1シーン。セットが始まる前のウォーミングアップ中のようだ。

 動画を公開したのは、スイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」の公式X。「なんて楽しいんだ!」と紹介すると、X上の海外ファンからは「観客の参加率―100%」「ああ、私はこういうのに弱すぎる」「このファンとの交流で、このリベロは世界中の愛を受けるに値するわ」「私のベスト・ボーイズよ」「とてもユニークなファンサービスだ」と驚きの声が上がった。

 米国は23日には日本戦を控える。また同じような光景でスタンドが沸くこともあるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)