ネーションズリーグ・フィリピン大会

 バレーボールのネーションズリーグ(VNL)男子第3週のフィリピン大会は22日、世界ランク4位の日本が同7位の東京五輪金メダル・フランスと対戦し、セットカウント3-2で勝利。第1、2セットを取られながら、大逆転でフルセットの激闘を制し、まるでホームのような会場を熱狂させた。主将の石川祐希は両チーム最多33得点を挙げたが、試合前に敗れていた“勝負”を海外メディアにいじられている。

 それは試合前のコイントス。スイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」が公式X(旧ツイッター)はコートサイドで両キャプテンが向かい合って行った様子を公開したが、見守った石川はどこかバツが悪そうな表情。それもそのはず、福岡大会で「コイントス通算成績 1勝4敗。(フルセットを含む。) コイントス勝てません。すみません。笑」とXで告白していたように、勝率が悪い。

 当時は「酷い話だ」(西田有志)、「頼りないな」(小野寺大志)、「コイントス専用に僕立候補!」(高橋藍)といじられまくっていたが、今回は「ユウキとコイントスの冒険。ちなみにフランスが勝ったんだけどね」と紹介され、海外メディアからもいじられたほど。

 これに日本のファンからは「コイントス、今日も安定の…ユーキイシカワ」「祐希くんのコイントスがVNLの名物になってる笑」「Volleyball Worldにもいじられ始めたwww」「おもしろすぎる」「やはりユーキイシカワのコイントス勝敗は全世界の関心の的」「全世界に結果を報告される石川くんwwww」「公式にもいじられてて草」「公式にもコイントス最弱王である」などの声が上がり、笑いをこらえ切れない様子だった。

 それでも、試合が始まれば両チーム最多33得点を挙げ、セットカウント0-2から大逆転勝ちを演出した石川。コイントスは勝負弱くても、コートでは勝負強ければ問題なしだ。

(THE ANSWER編集部)