ネーションズリーグ

 バレーボールのネーションズリーグ(VNL)女子決勝トーナメント決勝(タイ・バンコク)は23日、世界ランク6位の日本が同1位イタリアに1-3(17-25、17-25、25-21、20-25)で敗れ、準優勝となった。ベストリベロには日本の小島満菜美が選ばれたが、表彰式での記念撮影にファンも注目。「身長差やべぇ」「防衛大臣、おめでとう」などと反響が集まった。

 小島は身長158センチ。表彰台には7人が並んだが、その小柄さは際立っていた。

 同じ日本の古賀紗理那が180センチだが、それでも並んだ中では小柄な方。ベストミドルブロッカーのコルネルク(ポーランド)、ファール(イタリア)と並ぶとまるで大人と子供のような身長差になった。

 身長200センチのコネルクとは実に42センチ差。この場面を目撃したX上の日本ファンからは驚きの声が続出していた。

「日本チームはよく頑張ったなと思う 画像加工したのかと思うくらいの身長差」
「身長差やべぇ」
「この身長差よ」
「他の選手との身長差がえぐくて可愛い」
「同じスポーツでもこんなに身長差」
「待ってコルネルクでかすぎw」

表彰式で記念撮影に収まる7人の代表選手たち【写真:VNL提供】

 さらにインスタグラムの海外ファンからは「リベロは本当に今年一番だった、防衛大臣、おめでとう」「そうだ!ニエメやデジェンナーロが賞を奪われたと言う人がいるかもしれないが、日本のリベロは全体的にボールコントロールに優れていた」「驚異の日本人リベロ」「小島は並外れたリベロだ」などと小島のプレーに称賛の声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)