公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「食と栄養のサステナブル」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「食と栄養のサステナブル」について。

 ◇ ◇ ◇

 10月、アメリカ・フィラデルフィアで行われたアメリカ栄養士会の年次総会FNCE(Food & Nutrition Conference & EXPO)に出席しました。年に1度開催されるこの総会では、世界の食の動向や課題、栄養に関する専門的なセッションが開催され、数多くの食品・飲料関連企業・団体がブースを出展。食と栄養の最先端の情報やトレンドが収集できる場とあって、世界中から1万人近い栄養士、医療従事者、メーカーらが参加します。

 総会に参加したアメリカの栄養士らに話を聞くと、今年はなんと言っても“Plant based(プラントベースド)”がメガトレンド。「肉の代わりに豆や種実、穀物などの植物性食品を積極的に取り入れましょう」という動きです。展示ブースで紹介されている食品も、牛乳の代用として豆乳やアーモンドミルク、ピスタチオミルクが並び、また、食物性タンパク質の豊富な豆・豆製品、種実類、古代穀物(キヌア、ソルガム)などを活用した、パンやパスタ、パテ、ヨーグルト、クッキーからスナック菓子まで、あらゆる食品が揃い、非常に充実していました。

 植物性食品が注目されている背景にあるのは、地球温暖化に伴う環境破壊や、急激な人口増大に伴う世界的な食糧不足(主に動物性タンパク質)への危惧です。そのため、欧米では牛肉の生産や消費を減らし、輸送による温室効果ガスの排出を抑えられる、地元の食材を地元で食べようという地産地消の動きも大きくなっています。

 以前もこの連載で触れましたが、近年は代表チームやビッグクラブ、トップアスリート間で、食事に植物性食品を取り入れたり、ベジタリアンを選択したりする動きがあります。これは宗教上あるいは個人の嗜好はもちろんのこと、単なる「流行」ではなく、現在、世界各国が取り組むサステナブルティな地球環境を実現する活動の流れからきています。

 トップアスリートらの言葉や行動は影響力が高く、メッセージ性が強い。ですから、国際オリンピック委員会(IOC)などの大きな組織や有名選手を抱えるクラブは、世界の動向を素早くキャッチし、サステナブルな考え方を食と栄養の規範の一つとして発信もしています。日本のスポーツ界も国際社会の一員として、今後、どのようにこの課題に取り組んでいくかを考える時期に来ていると思います。

 では、具体的にアスリートたちはどんなアクションを起こせばよいのでしょう?

身近からできること「買いすぎない」「作りすぎない」「食べきる」

 まずは可能な範囲で、地元で生産された安全な食材を選ぶことが挙げられます。地元で採れた安全で栄養価の高い食品は、体を酷使する選手の健康維持に役立ちます。また、地元との繋がりを肌で感じることは選手のモチベーションアップや地域社会における存在価値を高めるのに役立つはずです。さらには、チーム、あるいは競技団体として今後、地域と共に様々な取り組みを行う機会が増えます。

 そして、アスリートたちが自らサステナブルに関するイベントなどに積極的に参加し、自身の取り組み、あるいは企業や地域と共にできることについて学ぶ(考える)機会を増やす、あるいは増えていくようにすることも一つ。

 一例ですが2016年、コロラドスプリングスのU.S.オリンピック&パラリンピックトレーニング・センターを視察した際、サステナビリティ、ウェルネス教育農場を運営しているコロラド大学コロラドスプリングス校を見学しました。ここではアスリート自身が、農家に食材を提供してもらうために出向いたり、農場と一緒に地産地消やベジタリアンフードのイベントを開催したりして、地域貢献やジュニアアスリートへの食育に貢献しています。このような形が、日本でも増えていくといいなと感じています。

 もちろん、こういったサステナブルな食と栄養の取り組みは、トップアスリートやクラブ、一部の競技団体だけではなく、社会人や学生選手、学校の部活動や地域のスポーツクラブに所属する選手やスタッフ、そしてその家族の一人ひとりが今後取り組んでいく課題です。「そういわれてもピンとこない」「環境に配慮した食事といわれても雲を掴むような話」と感じられる方は多いと思いますが、できることは身近にたくさんあります。

 その一つが、食品ロスを減らすこと。日本では、本来食べられるのに捨てられる食品ロスの量は年間643万トン(平成28年度推計値)。これは日本人1人当たり年間約51キロもの食品ロスを出している計算になります。今や家庭での食べ残しや食品の廃棄を減らすことの重要性はメディアや企業の活動を通じて知られていますが、例えば遠征や合宿時の食べ残しを減らすよう、チームとして実践。プロや社会人のトップチームは宿泊先でブッフェスタイルの食事を提供することが多いのですが、私のような現場でメニューを考える栄養士も、食事の喫食量を宿舎と確認しながら提供するなど、無駄を少なくする努力が必要だと感じています。

 まずは、日々、「買いすぎない」「作りすぎない」、そして「食べきる」ことから始める。1日1食で考えると、とても小さな行動かもしれません。ですが、一人ひとりが取り組むことで、食品ロスの大きな削減につながり、結果、サステナブルな環境保全にもつながります。体が資本のスポーツ人だからこそ、食の問題としっかり向き合い、一食一食を大切にしたいですね。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。