コロナ禍の影響がどこまで続くか不透明な中、以前より家で過ごす時間が増えた人は多いのではないでしょうか。おうち時間も楽しいけれど、長く続くと気分がふさぎがちに…。そんな今、注目なのが海の見える街での暮らし。ただ眺めるだけでなく、海岸を散歩したり、マリンレジャーを楽しんだりと、暮らしの中に海があると心にゆとりが生まれそうです。今回は海が見える街の中でも、東京や横浜のオフィスが多いエリアまで電車で1時間程度の街をピックアップしてみました。

海水浴にサンセット、富士山まで望める逗子

海や山に囲まれ、都心に通うことができる街として人気の逗子

古くから海と暮らせる街として愛される逗子(神奈川県逗子市)。さっそく逗子の魅力をひも解いていきましょう。

JR逗子駅には湘南新宿ラインと横須賀線が乗り入れています。しかも逗子駅は湘南新宿ラインの始発駅であるため、横浜、大崎、恵比寿、渋谷、新宿、池袋といった主要駅に乗り換えなしで座って通勤可能。スマホでニュースをチェックしたり、本を読んだりと自分時間を堪能するうちに、都心に到着です。満員電車に揺られる30分より、座ってのんびり過ごせる1時間に魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

逗子海岸ってどんなところ?

逗子海岸は砂浜の海水浴場。江の島の向こうには富士山も望めます。海沿いには素敵なお店が並んでいるほか、逗子駅近辺の逗子銀座商店街は老舗飲食店におしゃれなカフェが軒を連ねる楽しいスポット。逗子での暮らしは便利さとワクワクを味わえそうですね。

マンションでも戸建ても選択肢が豊富

逗子には一部高級住宅地があるものの、比較的手が届きやすい価格帯の戸建てやオーシャンビューのマンションも。ファミリー向け中古マンションは1,000万円台から、新築戸建ては3,000万円台後半から5,000万円といった価格帯です。中古戸建てなら2,000万円台もめずらしくありません。リゾートライクな暮らしを楽しみたい人にぴったりな海沿いのリゾートマンションも多数売買されていますので、逗子での暮らしを想像しながらチェックしてみては?

波とたわむれ、情景を慈しむ鎌倉

人気の古都・鎌倉は都心へのアクセスも快適

源頼朝が都を築いてから800年を超え、今なお凜としたたたずまいが魅力の古都・鎌倉(神奈川県鎌倉市)。雅な雰囲気と海の美しさが溶け合う街での暮らしに憧れる人も多いのではないでしょうか。

歴史が色濃く残る街

JR鎌倉駅には湘南新宿ラインと横須賀線が乗り入れ、湘南新宿ラインに乗れば渋谷まで約55分、横須賀線なら品川まで50分弱。乗り換えなしでゆったりと移動できます。都心で働く人も無理なく通勤できる距離と言えそうです。

鎌倉には老舗レストランに、おしゃれなカフェなどグルメスポットが多数。由緒ある神社仏閣や歴史的建造物も見どころの一つです。美しい街並みの中で、落ち着いた暮らしを楽しめそうですね。

別荘物件も多数! 鎌倉の住宅事情

鎌倉は古くから別荘地として親しまれ、中古物件には別荘物件が多数。美しい日本建築にモダンにリノベーションされたマンションなど、都内ではなかなか出合えないゆったりとした造りの物件が多く見られます。鎌倉周辺の中古戸建ては4,000万円台から、中古マンションは3,000万円代から売りに出ています。週末だけ鎌倉で暮らしてもよし、鎌倉の住人になってもよし。憧れの鎌倉ライフをのぞいてみませんか?

関連記事: 鎌倉に住みたい! 人気が衰えない理由と住宅事情、市内の穴場エリアはどこ?

車移動派は要チェック! 自然豊かな木更津

東京湾アクアラインで都心まで約1時間。自然豊かで商業施設も多い木更津

「テレワークメインで、毎日ではないものの、都内のオフィスへ通勤が必要。でも、海が見える街の広々とした家でゆったり暮らしたい」。そんな人にチェックしてほしい街が木更津です。さっそく木更津の暮らしをのぞいてみましょう。

東京湾を臨む木更津の魅力

千葉県木更津市は人口13万を超える街。東京湾を横断する東京湾アクアラインのたもとに位置し、車移動であれば都内まで約1時間で到着します。JR木更津駅を発着する高速バスに乗れば、品川や新宿まで乗り換えなしでアクセス可能です。木更津の江川海岸といえば、工場地帯へ向かって並ぶ海中電柱が絶景スポットとして知られていました。2021年現在、海中電柱は撤去されてしまいましたが、工場夜景は今も楽しむことができます。

ショッピングに潮干狩り、街と自然が共存する街

木更津には「イオンモール木更津」や「スパークルシティ木更津」、「コストコホールセール木更津倉庫店」「三井アウトレットパーク 木更津」など大型商業施設が点在し、日常的な買い物に困ることはないでしょう。木更津の広大な砂浜では潮干狩りが楽しめ、肉厚で味がしっかりしているアサリやハマグリを採ることができます。

車移動が前提の生活となりますが、駐車スペースを確保できる新築戸建ての価格は2,000万円台からと抑えめ。電車での都心への移動は時間がかかるものの、魅力的な価格の戸建て住宅やマンションが販売されていますので、プライベートを重視したい人には暮らしやすい街と言えそうです。

あれこれ欲張りたい人向けの海浜幕張

広い区画にレジャースポット、商業施設、住宅、オフィス、そして自然が同居する海浜幕張

都心までのアクセスが良好で、海が近くて、すこぶる便利。そんな願いをかなえてくれる街が海浜幕張。海浜幕張って一体どんな街? その魅力をチェックしていきましょう。

レジャーやショッピングが楽しめ、都心への通勤も便利

JR海浜幕張駅は千葉県千葉市美浜区に位置する駅。海浜幕張駅から東京駅までは京葉線で約40分。海浜幕張駅を始発とする電車も運行しているため、立ちっぱなしの苦しみを味わうことなく快適に通勤できます。

海浜幕張駅エリアには「幕張メッセ」に「三井アウトレットパーク 幕張」、そして日本庭園「見浜園」のある「県立幕張海浜公園」など、さまざまなレジャースポットが点在しています。「イオンモール幕張新都心」は海浜幕張駅から徒歩17分程度です。

戸建てもタワーマンションも手が届きやすい街

都心に近く、緑と海を楽しめてシティライフも満喫できる街、海浜幕張。近年、新たな街づくりも進められ人気が高まっていますが、その利便性の高さの割に物件価格はそれほど高騰していないエリアです。海浜幕張駅から徒歩15分圏内には2,000万〜3,000万円台のファミリー物件が多数存在します。築浅のタワーマンションでも4,000万〜6,000万円台ですので、大きな負担感なく住宅を購入できそうですね。

関連記事: 京葉線沿線はコスパの高さが魅力! 海浜幕張・南船橋・新浦安はどんな街?

都内で海沿いの暮らしを満喫できる有明

「有明ガーデン」開業で住みやすさが大きく向上した有明エリア

都内の海が見えるエリアの中でも、移動中も海を愛でることができるゆりかもめ沿線。ゆりかもめは都内の臨海エリアを結ぶ無人運転電車です。ゆりかもめ沿線の中でも、大型商業施設がオープンしたばかりの「有明駅」にスポットライトを当ててみました。

海を眺めながらゆったり通勤

有明駅はゆりかもめの沿線の湾岸エリア。海沿いでありながら緑も多く、自然に囲まれた暮らしを満喫できます。以前は買い物スポットが十分とは言えませんでしたが、2021年6月に大型商業施設「有明ガーデン」がオープンし、利便性が大幅に向上しました。「有明ガーデン」にはレストランやカフェ、病院やヨガスタジアムに加えて、アパレルショップ、生鮮食品を取り扱う「イオンスタイル」など多種多様なショップがそろっています。

少し足を延ばした先にあるお台場も生活圏内。有明・お台場エリアは道路・歩道が広く、勾配のゆるやかな平地となっているので、自転車での移動もスムーズです。都心への移動はゆりかもめのほか、りんかい線やバスの利用も可能です。

高層階から都内や東京湾を一望

有明エリアには複数のタワーマンションが点在しています。ファミリー世帯向けの3LDKであれば8,000万円台からと、湾岸エリアのタワーマンションの中では比較的低めに設定されています。シティーライクなタワーマンションに住み、朝はゆりかもめで海を眺めながら通勤、夜は都内や東京湾の夜景を満喫、そんな生活に魅力を感じる人は多いはずです。

まとめ

海沿いでの暮らしは古くから多くの人々の心をつかんできました。さんさんと朝日に照らされて輝く水面を横目にウオーキング、海に沈む夕日を眺めながらのディナー。こういった暮らしを実現できる海の見える街は、都心から通勤圏内の場所にも多数存在します。お手頃価格で購入できる物件も少なくありませんので、仕事や家事の息抜きがてらチェックしてみてはいかがですか?