大阪でまた被告逃走 「手錠きつい」片手外させ暴れる

大阪でまた被告逃走 「手錠きつい」片手外させ暴れる

 9日午前4時ごろ、大阪府東大阪市新町の路上で、覚醒剤取締法違反などで起訴され、大阪地検が護送中だった被告の男が護送車両から逃走した。大阪地検が同日朝、発表した。地検と府警が被告の行方を追っている。

 地検によると、男は覚醒剤取締法違反(所持、使用)と大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された同府岸和田市の遊技機設置業、大植良太郎被告(42)。保釈が取り消された後、府警が身柄を確保し、大阪地検の検察事務官3人が車で枚岡署の留置施設に護送していたという。

 被告は身長171センチくらいでやせ形。逃走時は丸刈りで、紺色のシャツに迷彩柄のズボンをはき、裸足だった。護送中に被告が「手錠がきつい」と言ったため、検察事務官が片手の手錠を外すと、被告が暴れだした。ドアが半開きになったため車を停車させたところ、被告がドアを開けて手錠をつけたまま逃走したという。

 大阪地検では10月30日にも、ひき逃げ事件で起訴された被告の女が、保釈が取り消されて収容される際に大阪地検岸和田支部に出頭後、息子の車で逃走した事案が起きたばかり。上野暁(さとる)総務部長は「逃走されたのは遺憾。警察と協力しながら被告の身柄の確保に全力をつくしている」などとコメントした。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る