自民党派閥の裏金事件を受けた政治資金規正法改正をめぐり、自民提出の改正案は18日、参院の政治改革特別委員会で、自民、公明両党の賛成多数で可決した。野党各党が反対する中、与党が採決を強行した。改正案は「抜け穴」や検討事項の多さが指摘されながら、参院で抜本的な修正がされないまま、自公の賛成多数で19日の参院本会議で成立する見通し。

 18日の特別委に出席した岸田文雄首相は改正案について、「政治資金の信頼回復について具体的に一歩を示していく。一日も早く成立させることは政治の責任として重要だ」と強調した。

 自民はこの日夜の特別委で改正案の採決を提案したのに対し、野党は首相答弁に納得せず、採決に反対した。このため、自民の豊田俊郎委員長が職権で特別委を開いた。