斉藤仁さん次男、オール一本勝ち 「まだ通過点」 柔道

斉藤仁さん次男、オール一本勝ち 「まだ通過点」 柔道

 全国高校総体は第10日の10日、津市のサオリーナであった柔道男子100キロ超級で、2020年東京五輪を目指す大器が初優勝した。東京・国士舘の斉藤立(たつる)(2年)。1984年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪金メダルで15年に54歳で亡くなった斉藤仁さんの次男だ。

 身長190センチ、体重155キロの立派な体格を持つ。3回戦で昨年覇者で前日の団体戦で敗れた中野寛太(奈良・天理)を体落としで下し、松岡大輝(広島・崇徳)との決勝では開始40秒で内股を決めた。

 6試合全て一本勝ち。父もかなわなかった高校総体個人の優勝だが、「まだ通過点。昨日(団体で)負けたから、お父さんにはまだ褒められないと思う」。視線は2年後に向いている。「五輪で優勝すると誓っている。頑張って出て、優勝したい」


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索