「選手たちは前向きにトライした」 森保Jが快勝

「選手たちは前向きにトライした」 森保Jが快勝

 サッカーの国際親善試合キリンチャレンジカップが12日夜、新潟・デンカビッグスワンスタジアムであり、日本代表(世界ランキング54位)が、3―0でパナマ代表(同70位)を下した。

 日本は前半42分にMF南野(ザルツブルク)が左足で先取点。後半にはMF伊東(柏)が加点し、さらに相手のオウンゴールで3点目を奪った。南野と伊東は9月のコスタリカ戦に続く、2試合連続ゴールとなった。

 日本の先発にはワールドカップ(W杯)ロシア大会の主力だったFW大迫、MF原口、東京五輪世代の19歳のDF冨安らが起用された。冨安は代表デビュー。

 就任2戦目となる森保一監督は今回、MF柴崎、DF吉田、長友、酒井らW杯ロシア大会の主力を初めて招集。「前回招集した選手に加えることで、どんな化学反応が起こるかを見たい」と話していた。

 日本の先発は以下の通り。

 ▽GK 権田(鳥栖)▽DF 槙野(浦和)佐々木(広島)室屋(FC東京)冨安(シントトロイデン)▽MF 青山(広島)原口(ハノーバー)伊東(柏)南野(ザルツブルク)三竿(鹿島)▽FW 大迫(ブレーメン)

     ◇

 日本・森保監督 「選手たちは前向きにトライしてくれて、結果につながった。まだまだクオリティーを上げていかないといけないところがある。この勝利が、次の勝ちを保証してくれるものではない。さらに気を引き締めて、次に良い試合が出来るようにしなければいけない」


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索