20台限定カスタムの『DS 3 CAFE RACER』登場。標準モデルも仕様向上

20台限定カスタムの『DS 3 CAFE RACER』登場。標準モデルも仕様向上

 シトロエンから独立し、PSAグループの1ブランドとなったDSのラインアップで、エントリーモデルに位置付けられる『DS3』に、ネオ・ヴィンテージスタイルのカスタマイズが施された『DS 3 CAFÉ RACER』が登場。同時にカタログモデルの『DS3 Chic(シック)』にも、デイタイムランニングライト、インフォテイメントシステム、トランスミッションなど多岐にわたる仕様向上が施され、10月3日より発売が開始されている。

 2010年の日本市場導入時には、WRC世界ラリー選手権に参戦するベースモデルとしてスポーティな印象を打ち出していた『DS3』は、その後パーソナライゼーションの機能を活かして世界的ファッションブランドの“ジバンシィ”とのコラボモデルを発表するなど、さまざまなカスタマイズモデルが登場してきた。

 今回20台限定で登場した『DS 3 CAFÉ RACER』は、マットブラックに処理したDSウイングのグリル、ルーフトップや同車を特徴づけるサイドのシャークフィンに施されたグラフィック、ナッパレザーのウォッチストラップシートなど“カフェレーサー”をモチーフとしたワイルドなカスタムが施された。

 最大のアイキャッチとなるルーフトップには、DSオートモビルの祖であるDSが生まれた年“1955”を示すローマ数字MCMLV(M=1000、CM=900、L=50、V=5)と、ヴィンテージ風にデザインされたDSの文字、そして車名からとった3の周りにはWRCでの勝利を象徴する栄光の月桂冠、さらにカフェレーサー発祥の地であるエースカフェのロゴとなるクローバーなどが配された。

 さらにフロントグリルを形作るDSオートモビルの象徴"DSウィング"は、このモデルだけのマットブラック塗装にカスタマイズ。同様にボディサイドモールもクロームからマットブラックとし、ドアミラーカバーとドアハンドル、17インチアロイホイールはブラックと、ディテールにまで拘ったワイルドなテイストが貫かれた。

 またDSブランドが得意とする独創的な意匠を持つインテリアは、DSオートモビルのシグネチャーでもあるウォッチストラップをモチーフとしたナッパレザーのシートを採用。クレームパルテノンのダッシュボードカラーに加えてAppleのCarPlayとGoogleのAndoroid Autoに対応したタッチスクリーンを装備するなど、モダンとクラシックの融合したネオ・ヴィンテージともいえるテイストとなっている。

 一方、カタログモデルとなる『DS3 Chic』は、欧州仕様と同一のデイタイムランニングライトが装備され、これによりターンインジケーターは先に発売されたフラッグシップ『DS 7 CROSSBACK』と同様のシーケンシャルタイプに変更。

 インテリアではダッシュボード中央にタッチスクリーンを納め、バックアイカメラも標準装備化し実用性を向上。加えて電子制御6速オートマチックトランスミッションEAT6にはパドルシフトとスポーツモードが追加され、定評あるスポーティーな走りにさらに磨きがかかっている。

 限定車の『DS 3 CAFÉ RACER』、カタログモデルの『DS3 Chic』ともに、パワートレーンは1.2リッター直列3気筒直噴ターボ(110PS/200Nm)とEAT6の組み合わせとなり、『DS 3 CAFÉ RACER』が305万円。『DS3 Chic』は多数の装備を追加しながら価格は現行から据え置きの259万円となっている。
DSコール TEL:0120-92-6813


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索