WEC富士:アロンソのアタックで8号車が抜け出す。縁石のバンプトラブルが続いたFP2もトヨタ1-2

WEC富士:アロンソのアタックで8号車が抜け出す。縁石のバンプトラブルが続いたFP2もトヨタ1-2

 10月12日、WEC世界耐久選手権は富士スピードウェイで第4戦富士のフリープラクティス2回目が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)がベストタイムを記録。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2番手につけ、FP1に続きトヨタ勢がワン・ツーで終えた。

 曇り空の下、気温18度、路面温度21度というFP1とほぼ同じコンディションで迎えたWEC富士のFP2。ほぼ全車がピットロード出口のシグナルがグリーンに替わると同時にコースに出ていくが、セッション開始からわずか4分後の15時34分に赤旗が提示される。

 赤旗の理由はFP1でのセッションストップ理由と同様、13コーナー出口に置かれた“コースサイドバンプ”と呼ばれるかまぼこ状の縁石の破損で、これを修復するためだ。このバンプは10分後に一度グリーンフラッグが振られた直後に再度トラブルの元となり、15時50分に提示された2度目の赤旗ではセッションが約40分にわたって中断されることとなった。

 セッションが再開されたのは16時30分。この時点でトップにつけていたのは、FP2スタート直後にアロンソが乗り込み、1分23秒973をマークした8号車トヨタだった。

 2番手はホセ-マリア・ロペスが序盤にアタックを行なった7号車トヨタTS050ハイブリッドで、タイムは僚友から約1秒落ちの1分25秒068。この2台の自己ベストは2度の赤旗中断後、10分間延長された17時10分のセッション終了時刻まで変わらず。ル・マンを制し、チャンピオンシップをリードしている8号車トヨタがここでも総合トップとなっている。

 総合3番手はレベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13・ギブソンが1分25秒697というタイムで7号車トヨタに肉薄すると、総合4番手のSMPレーシング、11号車BRエンジニアリングBR1・AERを挟んだ総合5番手の1号車レベリオンR13までが1分25秒台に入った。

 LMP2クラスは先日、ル・マン24時間のクラス優勝が正式決定したシグナテック・アルピーヌ・マットムートの36号車アルピーヌA470・ギブソン(ニコラ・ラピエール/アンドレ・ネグラオ/ピエール・ティリエ組)が1分30秒410のトップタイムをマーク。自動車メーカー5社が激しい戦いを繰り広げるLM-GTEプロクラスではアストンマーチン・レーシングの95号車アストンマーチン・バンテージAMR(マルコ・ソーレンセン/ニッキー・ティーム組)がフォード、フェラーリ、ポルシェ、BMWを抑えてクラス首位に立っている。

 LM-GTEアマクラスのトップは今戦、星野敏が加わっているデンプシー-プロトン・レーシングの88号車ポルシェ911 RSR。僚友77号車ポルシェ911 RSRが2番手に続き、3番手には澤圭太を擁するクリアウォーター・レーシングの61号車フェラーリ488 GTEが入っている。

 走行一日目のメニューを終えたWEC世界耐久選手権第4戦富士は13日(土)、9時30分からフリープラクティス3回目が行われ、14時からは決勝レースのグリッドを決定する公式予選が実施される予定だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索