F1ブラジルGP、地元警察の協力のもと強盗対策として特別警備体制が敷かれることに

F1ブラジルGP、地元警察の協力のもと強盗対策として特別警備体制が敷かれることに

 昨年のブラジルGPを台無しにした暴力事件の再発を避けるため、今週末はF1全体がインテルラゴスで特別な保護と警備を受ける予定だ。

 2017年は一部チームとメンバーが、レースウイーク中にサーキットへの移動の途中で暴力的な武装強盗の被害にあった。

 人員の安全への懸念により、ピレリはマクラーレンとのレース後のタイヤテスト中止を余儀なくされた。状況はかなり深刻だと受け止められたため、F1は二度とサンパウロに戻ってこないのではという憶測も浮上した。

 イギリスのThe Sun紙によると、FIAはF1の商業権保有者と各関係者を集め、確実に追加の警備体制が導入されるようパリで会議を開いた。

 1週間の間、武装した警察官がサーキットまでの行き帰りの道沿いに配置される予定だ。一方でチームもグランプリでの安全を確保するため、自前の警備部隊を持つ可能性がある。

「我々は検察、地元の自治体、警察と協力してきた。より大規模な警備が行なわれるだろう」とフォース・インディアF1チーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは述べた。

「彼らは我々の往復の時間帯を把握しているので、(警官が)適切なタイミングで配置されることになっている」

 インテルラゴスとサーキット周辺の治安は、残念なことに事件が頻繁に発生することで、過去しばしば問題視されてきた。

 2010年には、当時世界チャンピオンだったジェンソン・バトンが、父親とマネージャーとともに土曜の夕方にサーキットを後にした直後、信号で武装強盗の襲撃を免れるという出来事があった。

「何年もそうしたことが起きていると聞いてはいるが、実際にそれが自分の身に起こるまで、どんな感じなのかは分からないものだ。かなり恐ろしい状況だよ。なぜならまず、そんなことが起きているなんて信じられないんだ」と当時バトンは動揺した様子で語っていた。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索