【動画】最後の“乗り換え”。フォーミュラEがイギリスとフランスつなぐ海底トンネルを走行

【動画】最後の“乗り換え”。フォーミュラEがイギリスとフランスつなぐ海底トンネルを走行

 ABBフォーミュラE選手権の公式YouTubeチャンネルで、イギリスとフランスの間にまたがるドーバー海峡を結ぶ英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)を走行する動画『The Final Formula E Car Swap | A New Era Begins』が公開されている。

 12月15日に開幕する2018/19年のフォーミュラEでは、アグレッシブなスタイリングが特徴の第2世代シャシー“Gen2”が登場。バッテリー容量が引き上げられたため、フォーミュラE名物とも言えたレース中の車両乗り換えがなくなる。

 公開された動画は“最後のマシンスワップ(乗り換え)”をテーマにしたもので、シリーズ発足初年度から使われてきスパーク製のSRT_01Eで英仏海峡トンネル横のサービストンネルを走行。途中で“Gen2”へバトンタッチされる。

 撮影は2018年7月、英仏海峡トンネルのイギリス側出発地であるフォークストーンで行われた。撮影中もサービストンネル横を鉄道が走行していたため、万が一の際にサービストンネルを避難場所として使えるよう配慮しながら撮影されたという。

 フォーミュラEのアレハンドロ・アガグCEOは「フォーミュラEの第2世代マシンが初代からどれだけ飛躍的な進化を遂げているかをお見せするのに、ユーロトンネルは最適な場所だった。マシンはフランスに居を構えるスパークが開発しているからね」と語る。

「フォーミュラEにはつねに大きな期待が寄せられている。(第5シーズンは)我々にとって新時代の幕開けとなるんだ」

「私はフォーミュラEを技術革新の舞台にしたいと願っている。(自動車メーカーなど)役者が一堂に会して、それぞれの技術を披露し、テストし、改善する場にしたいんだ」

「(電気自動車に)限界はないと思っている。シリーズ発足から4年間は素晴らしい時間を過ごしてきた。これからも同じことが続くはずだよ」

 この“Gen2”マシンデビュー戦となる第5シーズンのフォーミュラE開幕戦は12月15日、サウジアラビアの首都リヤド近郊のディルイーヤを舞台に行われる。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索