鈴鹿サーキット、サウンド・オブ・エンジン内で実施のハッキネン出演イベント発表

鈴鹿サーキット、サウンド・オブ・エンジン内で実施のハッキネン出演イベント発表

 11月8日、鈴鹿サーキットは11月17〜18日に開催される『RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018』にゲストとして来場するミカ・ハッキネンの出演イベントを発表した。

 鈴鹿サウンド・オブ・エンジンは、「モータースポーツが持つ貴重な歴史にスポットライトを当てた」ヒストリックイベントで2015年に初開催されたもの。F1やグループCカーなど、多くのヒストリックカーやゲストが集結するほか、今年は東アジア初開催となるヒストリックF1レース『Masters Historic Formula1 in JAPAN』の公式戦などが行われる。

 F1日本グランプリに続き、同イベントにも来場することが決まったハッキネンの出演イベントは“ファンセッション”と“トークショー&サイン会”のふたつ。ファンセッションは、ハッキネンやバルテリ・ボッタス、シャルル・ルクレール、ストフェル・バンドーンらが画像や映像コンテンツを提供しているプレミアム・ソーシャル・メディアアプリ『iNZDR』のプレミアム有料会員(月額200円)を対象としたものだ。

 対象者は17日(土)12時15分、18日(日)11時00分からGPスクエア内のブースで配布される参加整理券を受け取ることで、ハッキネン本人から直筆サイン入りポストカードを手渡してもらうことができる。なお、整理券は各日500名の先着順となるためご注意を。また、『iNZDR』はAPP SOTRE又はGoogle Playにて無料ダウンロードが可能だ。

 VIPスイート・プレミアム購入者限定イベントとなっているトークショー&サイン会もファンセッションと同様に17日と18日の両日開催。開催時間は17日が11時15分〜11時45分、18日は10時10分〜10時40分の予定だ。サイン会については各日とも抽選で選ばれた50名のみとなるが、トークショーは11日(日)まで販売されているVIPスイート・プレミアムの購入者であれば参加可能となっている。

 この他、鈴鹿サーキットは小学生のお子様向けのイベントとして、マスターズ・ヒストリックF1・イン・ジャパンのグリッドキッズ実施を発表。3回のレースごとに毎回23名が抽選で選ばれ、参加者は東アジア初開催のヒストリックF1レース公式戦を戦う往年マシンの迫力を感じることができる。ホームストレート上ではグリッドボードの提示のほか、記念撮影をする時間も用意されるという。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索