フェラーリF1、ウェーレインを開発ドライバーに起用か。ベッテルも推薦との報道

フェラーリF1、ウェーレインを開発ドライバーに起用か。ベッテルも推薦との報道

 スクーデリア・フェラーリが2019年の開発ドライバーとしてパスカル・ウェーレインを起用する可能性があるとうわさされている。

 2018年はダニール・クビアトがフェラーリの開発ドライバーとしてシミュレーターでの作業などを行っている。しかしクビアトは来年トロロッソに復帰、レースドライバー契約を結んだため、フェラーリにおけるポジションが空くことになる。

 ドイツのAuto Bildは、セバスチャン・ベッテルが親しいウェーレインが開発ドライバーとしてフェラーリに加わることを望んでいると報じた。ウェーレインは長年メルセデスのサポートを受けてレース活動を行い、2015年にDTMでタイトルを獲得。F1ではメルセデスのリザーブドライバーを務めた後、2016年にマノーからF1デビューし、翌年にはザウバーで走った。しかし2018年にF1シートを失い、復帰の目途が立たないこともあり、今年限りでメルセデスとの契約が終了することが決まった。

 ウェーレインは2018/19年のフォーミュラE選手権に参戦することが明らかになっている。

 Auto Bildは、メルセデスで長年シミュレーター作業やテストを担当してきたウェーレインの起用はフェラーリにメリットをもたらすとの見方をしている。

 一方、フェラーリの来季開発ドライバーについては、現在ウイリアムズF1チームでリザーブドライバーを務めているロバート・クビカも候補であると考えられている。ウイリアムズは2019年ドライバーとしてジョージ・ラッセルの起用を決めているが、そのチームメイトはまだ明らかになっていない。クビカはウイリアムズでレースドライバーに昇格する道が絶たれた場合に備え、別の選択肢を探っており、すでにフェラーリとの交渉を開始しているという。

 フェラーリはリザーブドライバーの役割は、2019年にザウバーのレースドライバーとなるアントニオ・ジョビナッツィに任せるものとみられている。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索