アロンソ、加点できる機会はあと2回。「最後の2戦のなかでブラジルが最大のチャンス」

アロンソ、加点できる機会はあと2回。「最後の2戦のなかでブラジルが最大のチャンス」

 マクラーレンF1チームのフェルナンド・アロンソは、2018年残り2戦のうち、入賞できる可能性が高いのはブラジルGPであるとして、チャンスを逃さず、好結果を残したいと語った。

 アロンソは2019年にはF1に参戦しないことを明かしており、今年がF1での最後のシーズンになる可能性が高い。しかしマクラーレンのパフォーマンスが向上せず、不運なアクシデントも重なり、シーズン終盤戦は特に、思いどおりの走りをできずにいる。前回ポイントを獲得したのは7位に入ったシンガポールGPで、ロシアと日本では14位どまり、アメリカとメキシコでは早々にリタイアせざるを得なかった。

「(ブラジルは)それなりにうまくいくと思う。最終戦のアブダビよりは僕らに合ったサーキットだ。だから僕らにとってはポイント獲得のチャンスになる」とアロンソが木曜に語ったとロイターが伝えた。

「土日には天候が崩れる可能性があるから、そうなればさらにチャンスが拡大するかもしれない。前向きに考えているよ」

 最後の2戦にどういうアプローチをとっていくかと聞かれたアロンソは、「1分1分を大事に過ごし、1秒1秒を楽しんでいく」と答えた。

「最後の2戦だ。日曜にいい仕事をしたい。決勝でいい結果を出すために走っているんだからね。でもそれ以外の時間は楽しんで過ごしたいと思っている」


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索