ホンダ、2019年のスーパーGT参戦体制を発表。ナカジマがModuloとの新パートナシップを締結&牧野が国内レースに復帰

ホンダ、2019年のスーパーGT参戦体制を発表。ナカジマがModuloとの新パートナシップを締結&牧野が国内レースに復帰

 1月11日(金)、ホンダは東京オートサロンの会場にて2019年スーパーGTの体制発表会を行い、2019年のGT500のラインアップが正式に明らかになった。昨年、渡欧してFIA F2に参戦していた牧野任祐が国内レースに復帰するなど2チームで変更があり、これまで同様、5台体制でGT500を戦うことになる。

 ホンダのモータースポーツ活動を率いる山本雅史モータースポーツ部(MS)部長は、今回の発表を通して『TEAM HONDA』という、ホンダ一丸となってのモータースポーツ活動をアピール。「2019年のTEAM HONDAのミッションは、シーズンを通してひとつでも多くの勝利をおさめ、多くのチャンピオンシップを獲得すること、このチャレンジを通じてファンのみなさまと感動と興奮を共有することです」と2019年に向けての意気込みを述べたあと、いよいよラインアップを発表。

 気になるGT500クラスの参戦体制は、2018年のタイトルを獲得し、2019年よりゼッケン1をつけるTEAM KUNIMITSUの山本尚貴/ジェンソン・バトンのペアが継続。バトンはスーパーGTフル参戦2年目となり、山本尚貴とともに2連覇を目指すことになる。

 2018年に2勝を挙げてランキング3位となったAUTOBACKS RACING TEAM AGURIの8号車も野尻智紀/伊沢拓也のコンビが継続、TEAM MUGENの16号車の武藤英紀/中嶋大祐のペアにも変更はなく、上記の3チームは2018年と同じラインアップで2019年シーズンを戦うことになる。

 一方、ドライバーラインアップに変更があったのは、Modulo Nakajima Racingの64号車と、KEIHIN REAL RACINGの17号車。

 Nakajima Racingは、2019年より新たにModuloとのパートナシップを結んだことを発表。Modulo Nakajima Racingとなり、長年Epsonと参戦していたが、パートナーが代わることになった。これまでブルーを基調としたからカラーリングが印象的だったが、2019年はおそらく、カラーリングにも大きな変更があるだろう。

 またNakajima Racingはドライバーも一新され、ナレイン・カーティケヤンと、昨年までFIA F2に参戦していた牧野という新しい顔ぶれとなった。牧野は2016年に代役という形でGT500クラスのタイ戦でデビューしており、そのデビューレースで2位に入賞した経験を持つ。次世代のホンダのエース候補のひとりと目される若手ドライバーが、満を持してスーパーGTにフル参戦することになる。

 KEIHIN REAL RACINGは、昨年に引き続き塚越広大を起用するものの、その僚友は昨年までNakajima Racingに所属していたベルトラン・バゲットに。2010年にチャンピオンとなり、長年ホンダを支えてきた小暮卓史、そしてベテランの松浦孝亮はGT500クラスのホンダ陣営から離脱することとなった。

■スーパーGT 2019 ホンダドライバーラインアップ
カーナンバーチームドライバー1TEAM KUNIMITSU山本尚貴/ジェンソン・バトン8AUTOBACKS RACING TEAM AGURI野尻智紀/伊沢拓也16TEAM MUGEN武藤英紀/中嶋大祐17KEIHIN REAL RACING塚越広大/ベルトラン・バゲット64Modulo Nakajima Racingナレイン・カーティケヤン/牧野任祐


関連ニュースをもっと見る

関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索