K-tunes Racing、2019年は“禅”のカラーでGT300王座を狙う。新田守男がチーム残留

K-tunes Racing、2019年は“禅”のカラーでGT300王座を狙う。新田守男がチーム残留

 1月11日、千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019のプロジェクトμブースで、スーパーGT GT300クラスに参戦するK-tunes Racingが2019年の参戦体制の一部と、マシンカラーリングを発表した。今季は新田守男が残留し、そのパートナーは今後発表される。マシンは昨年までと一変し、モノトーンの爽やかなものに変化した。

 2018年からは岡山トヨペットのレーシングチームであるK-tunes Racingとして、GT300クラスに参戦したインギングのレクサスRC F GT3。2018年は2勝を挙げチャンピオン争いにも絡み、強豪のひとつとして君臨することになった。

 そんなチームは19年に向け、大黒柱の新田がチームに残留。ただ、もうひとりのドライバーは今後アナウンスされると明かされた。発表会の際には、すでに直前にAUTOBACS RACING TEAM AGURIからGT300参戦が明かされた高木真一が“乱入”。ファンに「コンビ復活か?」と思わせたが、新田とGT300歴代最多勝を争う高木のちょっとしたジョークで、笑いが起きた。

 新田は「本当だったらもうひとりのドライバーが決まっていないといけないのですが、ちょっといろいろと問題がありまして、まだ決まっていないので正式な体制発表にはなっていません」と断りつつも、「2018年はチームやレクサス、ブリヂストンを含むみなさんにすごく良い形でレースをさせていただいたので、2019年は昨シーズン以上の成績を残せるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 また大きなトピックスと言えるのが、マシンカラーリングの変貌だ。2018年は、剣豪・宮本武蔵を生んだ岡山らしい“侍”をコンセプトカラーとしていたが、今季のコンセプトは“禅”となった。圧倒的な強さをブラック、真摯にレースに臨む姿をホワイト、無の境地をグレーに置き換え、禅の心意気で臨む思いを“ポリゴン”デザインに落とし込んだ。

 もうひとりのドライバーも気になるが、レクサスRC F GT3とブリヂストンのパッケージは今年も継続。新たなカラーリングとともに、GT300を賑わせることになりそうだ。またこの発表会では、チームを彩るレースクイーン『KT Honey(ケイティハニー)』も発表され、小嶋みやびさん、長沼南帆さん、宮本あかりさんの3人が登壇している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索