「ホンダ製パワーユニットとRB15が美しく統合」。レッドブルF1代表、新パートナーシップのメリットをすでに実感

「ホンダ製パワーユニットとRB15が美しく統合」。レッドブルF1代表、新パートナーシップのメリットをすでに実感

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年型マシンRB15においてホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を初めて使用したものの、シャシーへのインスタレーションが非常にうまくいったと語っている。

 ホンダを搭載したRB15は事前にシェイクダウンを済ませた後、プレシーズンテスト初日にテスト作業をスタートした。レッドブルによると、午前中に小さな問題があり、本格的な走行を開始するのが遅れたものの、一日を通して大きな問題は発生しなかったという。

 この日の走行を担当したマックス・フェルスタッペンは128周を走行し、1分19秒426(C3コンパウンド使用)で全体の4番手となった。周回数ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルの169周に次ぐ2番手だった。

「(今のF1では)パワーは最も重要な要素だ。今年のシャシーへのエンジンの組み込みは、我々が経験してきたなかでベストと言っていいだろう」とホーナー代表は語った。

「シャシーへの統合がきっちりとなされた。非常に美しくでき上がったと思う」

「エンジニアリングチームの全員がホンダと協力し合い、シャシーにスイス製の時計のように組み込んでみせた。素晴らしい仕事をやってくれた」

■ホーナー代表「ある程度時間は必要だが、いずれホンダとともに成功を収められる」

 ホーナーはまた、パワーユニットを早い段階で仕上げてきたホンダの努力を称賛した。両者のパートナーシップが大きな成功を収めるには時間がかかるとしながらも、ホーナーは現時点ではすべてが順調であると述べている。

「ホンダと共に戦うことにわくわくしている。単なるカスタマー供給とは異なる、真のパートナーシップを結んでいるからだ。それによってもたらされるメリットをすでに感じている」

「特効薬のようなものなどない。あっという間に効果が出ることはないだろう。互いの組織が相手について深く知り、相手の長所や比較的弱い部分をよく理解するに従って、育ってくるものがあるのだと私は思っている。それに関して、具体的な時間枠を設けてはいない」

「昨年(2018年)のトロロッソは大きな進歩を果たした。それを観察し、考慮した結果、(ホンダにスイッチするという)この決断を下したのだ。今のところ、すべてに関して非常にいい印象を持っている」

「ファクトリーに4基の完成したエンジンが(これほど早い段階で)届けられたのは、過去12年間において初めてのことだ。今までこんなことはなかった」


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索