LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

2019 AUTOBACS SUPER GT Round 1
OKAYAMA GT300km RACE
波乱の開幕2019SUPER GT

■開催日:予選4月13日(土)、決勝4月14日(日)
■開催地:岡山国際サーキット
■入場者数:予選1万1000人、決勝1万7400人、総入場者数2万8400人
 
2019シーズンのスーパーGTが曇り空のなか、岡山国際サーキットで開幕となった。
既に発表になっている来年のGT500参戦マシンはTOYOTA GRスープラ。その為、LEXUS LC500は最後の年となる。LEXUSラストイヤーに「19号車が頂点を獲る」を目標に、ここまで横浜タイヤとともにシーズンオフのテストでタイヤを開発してきた。

 LEXUS TEAM WedsSport BANDOHはドライバーラインナップを変更。ファーストドライバーは引き続き国本選手とし、セカンドドライバーとして、去年GT300クラスをドライブし、全日本F3選手権にてシリーズチャンピオンを獲得した坪井選手を起用。スーパーGTの頂点を目指し爆走していく。

■予選 4月13日(土) 【10位】
□天候:曇り
□コース:ドライ
□気温/路面温度:Q1開始時16度/25度、Q2開始時16度/23度、Q2終了時14度/21度

 日曜日の天気が怪しいなか、マーキングタイヤも非常に悩みながら選択し、土曜日の貴重なフリー走行の時間が始まった。午前中のフリー走行では、500クラス全15台が1.1秒の間にひしめき合うなかでの14番手。
 
 予選Q1のアタックドライバーは坪井選手。残り9分にて先頭切ってコースインし、周回を重ねていく。各車が残り2分前後からフルアタックにてタイムを計上していくなか、坪井選手は予選時間を最大限に使い、予選チェッカーが切られた最終周の一発アタックでレコードタイムを上回る1分18秒007を出すが、10番手となりQ1予選敗退となりました。

 予選は、Q1にて、GT-R勢とNSX勢が跳躍し、12号車がコースレコードのトップタイムで通過。その勢いのまま、Q2も23号車が1秒16秒602とさらにタイムを上げてのポールポジションを獲得しました。以下12号車、1号車となります。

 明日の決勝は天候が崩れる予報とのことですが、上位とのタイム差が緊迫しているなか、19号車はトップを目指して爆走していきます。

■国本雄資選手コメント(予選後)
「予選は10番手でした。想定していた路面温度より路面温度が低かった為、予選に使用したタイヤは決勝向きでした。ギリギリの所でQ1敗退となりましたが、決勝の天気は全くわかりません。明日はチーム一丸となって1台1台確実にパスをして表彰台目指して頑張りたいと思います」

■坪井選手コメント(予選後)
「横浜タイヤ装着車輌のなかで2番、レクサス勢では3番でした。Q1は通りたかったのですが後0.1秒足りませんでした。自分のミスがちょっと悔やまれます。しかし、レクサス勢3位はポジティブに考えたいと思います」

「他チームがどんなタイヤを使用しているのかわかりませんが、決勝は挽回できると思うので、決勝はチーム一丸となって頑張りたいと思います」

■坂東正敬監督コメント(予選後)
「ちょっと僕が選択したタイヤが坪井選手には辛い状況を与えてしましました。
ただ、決勝重視で選んだタイヤなので決勝は心配していません。坪井選手の初予選は思い切りの良い走りで90点です」

「フリー走行での国本選手からのフィードバックで、クルマも良い状態になっています。読めないのは明日の天気ですが、戦略が重要だと思いますので、チーム一丸となり頑張ります」

■決勝 4月14日(日)【6位】
□天候:雨
□コース:ウエット
□気温/路面温度:開始:12度/14度>中盤:15度/15度>終盤14度/14度 度/25度、ゴール:19度/24度

昨日の予選とはうって変わっての雨のレースとなった第1戦OKAYAMA GT300km RACE。午前中から降り出した雨は降ったり止んだりと安定せず、スタート前には上がっていた雨もスタート直前に再び振り出し、セーフテヒー先導によるスタートとなった。

 気温12度、路面温度14度と、雨の状況によるタイヤ選択などのチーム戦略が鍵を握る。19号車は前の9台をパスし、表彰台の頂点に立てるか。

 スタートドライバーは坪井選手。恒例の警察車両先導のパレードランは無く、セーフティカー先導による静かなレーススタートとなる。

 雨脚はさらに強くなるなか、セーフティカーは3周に外れ、4周目からレースの火蓋が切って落とされた。19号車は6号車を雨のなかオーバーテイクし順位を1つ上げ、9位へ。しかし、直後に300クラス車両のクラッシュによるイエローフラッグが掲示され、5周目に再びセーフティカーが入る。セーフティカーラン中もさらに雨風が強くなり、300クラスの回収も時間がかかり、なかなかセーフティカーが外れない。
 
 11周目にようやくセーフティカーが外れ、再スタート。19号車は前の3号車に迫るが、後ろから38号車が肉薄し、13周目に38号車にパスされて10位へ。

 抜き返す為、前の車についていき、チャンスをうかがっていたが、13周目にモスSコーナーで再び300クラスの多重クラッシュによりセーフティカーガ導入されるが、損傷状態が激しい為、赤旗が掲示されて、レースが14周目で中断となる。メインストレート上に車両が並び、各チームが雨対策の作業(カバーリング)などを施して、再開を待つこととなる。
 
 中断中の雨は小康状態となってきたが、再開直前に再び降り出してきた。雨の状況も読めず、さらに難しいレース展開となることが予想される。15時45分にセーフティカーの先導で15周目からの再開となる。各車両が周回を重ねるが、前を走っていた37号車がセーフティカー周回中にスピンし順位を最後尾に落としたため、19号車は9位となる。

 20周目にセーフティカーが外れ、再スタートし、すぐに前の38号車をパスし、追い上げを計るが、24周目ににトップ争いの1号車と17号車が接触、1号車がコースアウト。再び雨量が増えてきたため、四度目のセーフティカーが導入された。セーフティカー中の19号車の順位は7位。

 セーフティカー先導による周回を重ねるが、再度、雨が強くなってきたため、32周目に二度目の赤旗中断となる。長い中断の後、16時45分から監督ミーティングが開かれ、レースの終了とポイントがハーフポイントでのランキングとなることが発表され、レースが終了となりました。1号車との接触で先頭の17号車にペナルティが付き、19号車は6位フィニッシュとなりました。

 レース結果は、スタート直後に3番手スタートの1号車が12号車をパスし、2位に上がり猛追。2回目のセーフティカーからの再開直後に23号車を1号車がパス、そのまま引き離しにかかるものの、13周目の300クラスでクラッシュ車輌が出た為、15周目に赤旗中断により各車両の間隔がリセットされる。

 その後、レース再開後にトップの2台が3位以下を引き離し、トップ争いが激化するが、24周目にトップ争いの1号車と17号車が接触。1号車のコースアウト。その後雨量が増えてきた為、四度目のセーフティカーが入るが、セーフティカー周回中に天候が悪化した為、32周目に二度目の赤旗中断となる。その後、レース終了のアナウンスがされ、31周でのレース中止の判断がされました。トップだった17号車にはレース中止後ペナルティが出たため、その段階で2位を走行していた8号車が繰り上げトップとなり、優勝。以下、23号車、12号車となります。

 4回のセーフティカー介入と2回の赤旗中断のため、ほとんどレースらしいレースはできませんでしたが、短いレースのなかでも、順位をしっかりと上げた坪井選手の底力とチームの総合力を見せることができました。次戦の富士では表彰台のトップを目指し、爆走していきます。みなさまのご声援、誠にありがとうございました。

■国本雄資選手コメント
「開幕戦は悪天候の為31周で中止となりました。6位入賞ということでポイントは獲得できました。僕は後半スティントの予定でしたが、坪井選手が前半スティントで追い上げてくれたので非常にポジティブなレースとなりました」

「最後までレースをしたかったですが、安全が第一なので中止の判断は正しかったと思います。現地で応援してくださったファンのみなさまには申し訳ないですがこの結果を踏まえて、富士で熱い走りを披露しますので、今後も応援宜しくお願いします」

■坪井選手コメント(決勝後)
「決勝は雨が降るのは分かっていたので、荒れる展開になるだろうと思っていました。雨は自分自身も得意としているし自信を持っていけるなというイメージでした」

「ただ、予想以上にアクシデントが多くセーフティカーが入るたびに温まったタイヤが冷えてしまうという状況で、なかなかプッシュできない状態が続きました。
それでもレクサス勢のなかではトップで終われたので、結果としては良かったのかなと思います」

「次戦の舞台となる富士スピードウェイはレクサス勢にとって得意なイメージがあります。そういう意味では岡山よりは自信を持って臨めると思います。もしQ1を担当することになれば、次こそは必ず通過したいです」

■坂東正敬監督コメント(決勝後)
「まずはファンのみなさま、応援ありがとうございました。また、スポンサーのみなさま本当にありがとうございます。今年もレースができる喜びを与えて頂き、本当に感謝しております」

「難しいレースでした。中止の判断は沢山のファンのみなさまやお客様には本当に申し訳ありませんが正しかったと思います。オンボードを後で見ると全く前が見えないなか、ドライバーはとても過酷な状況だったと思います」

「グリッドについてスタートまでに雨が一度止んだのでミディアムタイヤを僕がチョイスしました。おそらくレクサス勢はすべてミディアムだったと思います。もちろん他のタイヤメーカーのことはわかりませんが、横浜タイヤを装着するGT500マシンはすべてポイントゲットできていますので正直ソフトタイヤを装着していれば表彰台もゲットできたと思いますが全車ソフトだったらまた違う状況だったのかな? とも思います」

「ただあのとても難しいコンディションのなか、タイヤが発動してくれて機能してくれたことは僕らのまさにADVANタイヤという武器が威力を発揮できたのかなと思っています」

「レギュラードライバーのデビュー戦でしたが坪井選手は素晴らしかったです。120点です。彼の雨のなかのドライビングテクニックは素晴らしかったです。お陰様でレクサストップも獲得できました。もちろん優勝が欲しかったですが予選順位やいろいろなことを考えるとまずまずの開幕戦だったと思います」

「チームワークはとても良いので富士ではもっと上位を目指して頑張りたいと思っています。沢山の応援ありがとうございました。すぐにテストも始まりますのでもっと努力致します」

【Racing Project BANDOH has opened a YouTube channel】
レーシングプロジェクトバンドウのYoutubeチャンネルが誕生。サーキットの興奮をダイレクトにお茶の間にお届けします。
是非、チャンネル登録を!!!
https://www.youtube.com/channel/UCDTRz5QdXviv6VLLJLrDrCw/videos


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索