【動画】F1ベトナムGP:ハノイ市街地コースのオンボード映像を初公開

【動画】F1ベトナムGP:ハノイ市街地コースのオンボード映像を初公開

 ベトナムは2020年のF1カレンダーに追加される予定であり、ハノイ市は12カ月のうちに、ベトナムで初となるグランプリを開催することになる。

 レース会場はハノイのミーディン国立競技場を中心に展開され、F1界の高名な建築家ヘルマン・ティルケの設計事務所が手がける、5.56kmの市街地コースが続くことになる。

 コースのうち3分の2は公共の道路を辿ることになるが、残りの部分はF1レースのために建設される。またサーキットには、特別に設計されたF1専用のピット施設が備わる予定だ。

 ヘルマン・ティルケの息子で、『Tike GmbH & Co KG』のCEOを務めるカーステン・ティルケは、ハノイの市街地コースの計画に関与しており、将来のコースレイアウトの詳細について語った。

「最初のセクションはニュルブルクリンクのメルセデス・アリーナを思い出させる」とカーステンは『Motorsport-Magazin』誌の独占インタビューで語った。

「また、鈴鹿のS字をある程度モデルにした高速コーナーを含む、変化に富んだコースになっている。そしてハードなブレーキングポイントのあるロングストレートは、素晴らしいオーバーテイクのチャンスを提供するだろう」

「レースをする上で、全体的にとても難易度の高いコースだし、多くのレースアクションが生み出されることは間違いない。このコースで完璧なラップをまとめ上げるのは簡単ではないよ」

 ティルケの設計事務所で使用しているシミュレーション・ソフトウェア技術のおかげで、コースを仮想のオンボード視点から見ることができ、あらゆる角度から周回を観察することが可能だ。

 Motorsport-Magazinの提供による、将来のハノイ市街地コースのオンボード映像はこちら。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索