モータースポーツの安全と振興をはかるドライバー団体の副会長に、山本尚貴とニック・キャシディが新任

モータースポーツの安全と振興をはかるドライバー団体の副会長に、山本尚貴とニック・キャシディが新任

 フォーミュラ・レーシング・ドライバー・アソシエーション(FRDA)は、2019年総会において、新たにニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM'S)と山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)を副会長に任命したことを発表した。

 FRDAは、スーパーフォーミュラの運営団体である日本レースプロモーション(JRP)、国内統括団体の日本自動車連盟(JAF)、その他の関係団体との協調をはかりつつ、ドライバーの立場から国内最高峰のフォーミュラシリーズとモータースポーツ全体の振興と安全に関して活動を行っている団体だ。

 先日開かれたFRDAの2019年総会では、会長を務める中嶋一貴と副会長の石浦宏明の留任が決定。そして新たに山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM'S)を副会長に選出した。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索