F1スペインGPでグロージャンと激しいバトルを演じたマグヌッセン、接触は「小さな判断ミス」と主張

F1スペインGPでグロージャンと激しいバトルを演じたマグヌッセン、接触は「小さな判断ミス」と主張

 F1スペインGPにおいて、ハースのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、ポジションを争って1度や2度ならず、3度もホイールをぶつけ合った。接触は決勝1周目と、セーフティカー後のリスタート時に発生している。

 彼らはレース後にチーム代表のギュンター・シュタイナーと話し合うこととなった。シュタイナーは、2度とあのようなことをしないようにと、決然と彼らに伝えたという。

 チームにとっての良いニュースは、ドライバーがふたりともポイント圏内でフィニッシュしたことだろう。マグヌッセンは7位、グロージャンは10位となり、チームは7ポイントを獲得。シーズン開幕戦オーストラリアGPで8ポイントを獲得して以来となる得点だ。

 マグヌッセンは、彼とグロージャンの間に緊張関係はないと語る。

「結局僕たちの間には何も起こらなかった」とマグヌッセンは語った。

「僕は7位になって6ポイントを稼いだ。彼は1ポイントだが、ペースが出ていたから、もっとポイントを獲得することもできただろう。でもさまざまな理由からそうすることができなかった」

「僕たちがより多くのポイントを取れなかったのは、僕と彼の間に起きたことが原因ではない。彼はコースを外れてしまい、僕の後ろに戻った。そして他のドライバーにポジションを奪われた。だから僕がコースから押し出したことで彼が順位を大きく落としたわけではない。そんなことは起きていなかった」

「僕たちは激しく戦っていたが、セーフティカー後のリスタートで接触してしまったからことで、実際よりも激しく見えてしまった。他のやり方ができたかどうかは分からない。あれはちょっとした判断ミスだったと思う」

「周りにはたくさんのマシンが走っていたし、セーフティカー後のリスタートや、レースの1周目ではそうしたことが起こり得る。それ以降は接触していない。彼はコースを外れてコーンの外側を周ったから、よりひどい状況に見えた。でも結局は彼は僕のすぐ後ろに戻り、順位を落とした後も走行できたんだ」

 そこで大きな疑問がわくのだが、今もハースのドライバーは互いに自由にレースができるのだろうか?

「それは僕に決められることではない」とマグヌッセンは語った。

「ポジションによってはドライバー同士を競わせたくないこともあるだろうし、逆に自由にレースをさせる場合もあるだろう。でもそれを決めるのはギュンター・シュタイナーとジーン・ハースだ」

「だから彼らが言うことには何であれ従う。でもチームオーダーはないし、誰も互いに競い合うなとは言っていない。僕たちはレーシングドライバーであって、競争以外のことで報酬をもらっているわけではないからね」


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索