リカルドとヒュルケンベルグ、一貫性に欠くルノーF1のマシンに苦戦

リカルドとヒュルケンベルグ、一貫性に欠くルノーF1のマシンに苦戦

 ルノーのシャシーをうまくハンドリングする上で、スイートスポットとなる狭い領域を探り出すことは、ダニエル・リカルドとチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグ、そして彼らのエンジニアにとって悩ましい悪夢となっている。

「今もまだトリッキーだ」とマシンの調整について聞かれたヒュルケンベルグは答えた。

「バランスに一貫性がなく、セッション中でさえコンディションの変化によってバランスがしょっちゅう変わってしまう。バランスを制御するのが難しい。それに適正範囲が非常に狭く、シャープなようだ。だからときにはリズムを掴んで一貫性を維持するのが難しくなる」

 リカルドはさらに問題を展開して語った。

「毎回のレースで、僕たちには予選トップ10に入るのに十分な性能のマシンがあると感じているが、いつもそう簡単にいくわけではない」とリカルドは説明する。

「中団グループは激しい接戦だ。もし小さなミスを犯したらチャンスを逃してしまう。マシンの調子がとても良いことがあっても、次のセッションが始まると調子が落ちたりする。マシンを読み取るのが今も少し難しく、一貫性に欠けている」

 例えばスペインでは、金曜午前のフリー走行でのマシンは非常に調子が良かったが、午後のセッションではパフォーマンスが出なかったのだという。

「大きな変更を加えたわけではないのに、ペースが落ちた」とリカルドは語った。

「セットアップに関してはいくつか理由が分かっているが、いつもそのように理由が明確に分かるわけではない。適正範囲内にマシンを収めるのは、ときには悪夢のようだよ」

 さらに悪いことに、問題にはパターンがない。あるフリー走行セッションでは、マシンは高速コーナーではなく低速コーナーで安定を見せたが、不思議なことに次のセッションでは状態が逆転したのだという。

 ルノーはスペインにシャシーのアップグレードを持ち込み、そのおかげで状況は若干改善された。パワーユニットのアップデートも行なわれたが、それは馬力を増やすというよりは、今シーズン序盤からの信頼性の問題に対処するためのもの。一旦信頼性の問題が検証されれば、パワーも増強されるだろう。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索