【ブログ】Shots!3位表彰台にホンダのみなさんいい笑顔/F1第5戦スペインGP

【ブログ】Shots!3位表彰台にホンダのみなさんいい笑顔/F1第5戦スペインGP

 2019年F1第5戦スペインGP、レースではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが開幕戦以来の3位表彰台を獲得。次戦のモナコも期待がかかりますね。今回も熱田護カメラマンがサーキットを歩き、見て、感じて撮った写真と一緒に紹介します。

----------------------------------------


快晴だった、バルセロナ!
スタートの場面、3台並んできたのにはビックリ!
レースはいつものように、メルセデス1−2。
そして、我らがレッドブル・ホンダのフェルスタッペン選手が3位!



どうですか!
表彰式直後のホンダの皆さんの良い笑顔!
3位表彰台は2019年シーズン2回目。

この上を期待しているわけですけど、現実には鉄壁に見えるメルセデス。
とは言え、バーレーンではフェラーリが一番速かったわけですから、今後そういうメルセデスがイマイチなサーキットがあるやもしれません。
まあ、無いかもしれませんけど……。
次の、モナコが一番のチャンスのような気がするんですけどね。



鉄壁のメルセデスの細部の写真を3枚ほど。
まずはフロントウイングの裏側。
こんなところに小さな穴……



そして、美しい曲面……芸術品ですよね。
ここを前から来る空気が、シュワ〜〜〜〜っと流れていくわけです。
知らんけど……



どうですか、この複雑怪奇な造形物。
こんなに細かくフィンを分けなきゃいかんのですね。
意味があるから、こうなっていて、その細かい積み重ねが、この速さを生み出しているわけです。

今日、家のわんこのコロのトリミングに行って来たんですけど、
そこのご主人が、「今年はメルセデスばっかりでつまらないですね」とおっしゃいます。

確かに5戦連続1−2ですからね。
つまらないと言えば、その通り。

でも、世界で一番速いレースカーを作り、一番速いドライバーが乗れば、速いですよね。

メルセデスのファクトリーの全員が、ものすごい努力をして一番を目指し、その結果ぶっちぎりの速さを手に入れたメルセデス。
彼らは、素晴らしい!

ただ、F1をスポーツとして見ると、つまらないとなる。
オートバイのレースのように、マシンの優位性が順位に大きく影響しない。

操る人間の能力が大きく勝敗に影響するような事は、現代のF1には、ほぼ無い。
アルファロメオのふたりを見れば、圧倒的にキミ・ライコネン選手が速い。

でも、雨が降ろうが暑かろうが、ライコネン選手がメルセデスの2台より速く走るような事は多分無い。
昔から、4輪のレースは多かれ少なかれマシンの性能で大体の順位が決まっていたわけです、今に始まったわけじゃ無い。

ただ、雨のモナコで、トールマンに乗ったアイルトン・セナ選手は速かった。

年を追うごとに、そんなドキドキするレースになる確率がものすごく低くなっているように思う、特に今年は。
でも、確率は0じゃ無い。

ロマン・グロージャン選手が表彰台ということも、あるかもしれない。
フェルスタッペン選手が勝つかもしれない。

そんなことがあるといいね。



今年のトロロッソ・ホンダは、速い。
ただ、結果が出ない。
ダニール・クビアト選手、うまくいけば上位入賞も十分あり得る。



ウイリアムズのロバート・クビサ選手、ルーキーのジョージ・ラッセル選手にどうしても勝てない。
事故前のような、速さはもう無いように思えます。
復帰できたことが、奇跡とも言えるのかも。



FIA F2松下信治選手。
レース1が11位。
レース2がリタイア。



カーリンというチームは昨年のチャンピオンチームです。
しかし、アゼルバイジャンでポールポジションからスタートしてステアリングトラブル、そして今回のレース2の1周目に火災……

今年12カ国で24レースある今年のF2。松下選手は今回で6レース終わって6ポイント、ランキング15位。
不運もあるんだけど、難しいアゼルバイジャンでポールを取れる速さもある、結果を出さねば!



角田裕毅選手。
今回がFIA F3の開幕戦。

レッドブルのフルカラーで参戦。
チームはイェンツァー・モータースポーツ。
レース1は10位からのスタートで10位。
レース2は10位からのスタートで9位。

同じイェンツァーからは3台出ているんだけど、角田選手が圧倒的に速い。
けれど、10位近辺でのレースでした。




チームの雰囲気はすごく良くて、コミュニケーションもしっかり取れているそうです。
F2もF3も同じシャーシだから、チーム力の大きさが成績に直結します。
今後が楽しみ。



FIA F3の名取鉄平選手。
レース1が、28位スタートから24位。
レース2が24位スタートから15位。
チームはカーリン。



スタート前のピットで、ホンダ山本雅史F1マネージングディレクターとBUZZ代表の長谷川大祐さんに見守られながら……
応援してもらえることが、まず大事。
そして結果でお返しするということが仕事。



おーいお茶と烏龍茶を持って走る名取選手。
彼のレース人生で最も戸惑っている開幕戦だったんじゃないかと思います。
世界から集まってくる若者たちの間で自分の立ち位置を明確にするために、今後のレースに期待です。



F3チームのハイテックという所にいる、日本人メカニックの新木さん。
実績を積んで、F1にスッテップアップするために日本を飛び出したんだそうです!
いいですね!

応援しています!
早くF1に来てね!



ヨーロッパラウンドの開幕。
大きなホスピタリティーが並ぶ風景。



レースングポイントのパーティーにちょっと行ってきました。
スペインと言えば、生ハム。

超美味しかった!赤ワインも少しだけだけど、超美味しかった!
これも、ランス・ストロールのお父さんのおかげか?



トロロッソのニューマシン?
ホンダ製の空気送り機。
マシンがピットに戻ってきたときに、ブレーキとかラジエターに送風します。



20年ぶりの、しんちゃん!(中野信治)
お久しぶりです。
F2&F3ボーイズたちに、アドバイスしにきたそうです!
また来てね!



片山右京さんとミカ・サロさんが乗っていたティレル。
色々とご意見あるでしょうけど、今のF1の方がカッコイイと僕は思います。
だだし、音は圧倒的に昔の方がいいけど。。。



ジュリアーノ・アレジ選手。
お母さんとお父さんの面影あるでしょ?
今年からF2にスッテップアップしたものの、ぶつかったり、ぶつけられたりしっぱしで、0ポイント!
頑張れ!



次は、伝統のモナコ!
ドライバーも気合が入るし、僕たちカメラマンも気合が入る!
今年もしっかりと撮らなきゃ!


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索