スーパーフォーミュラ:TEAM MUGEN、最終戦はオワードに代わり19歳のユーリ・ビップスを起用

スーパーフォーミュラ:TEAM MUGEN、最終戦はオワードに代わり19歳のユーリ・ビップスを起用

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しているTEAM MUGENは、10月25〜27日に開催される最終戦JAF鈴鹿グランプリにおいて、パトリシオ・オワードに代わりエストニア人ドライバーのユーリ・ビップスを起用することを発表した。

 2000年生まれで現在19歳のビップスは、2017年にADAC F4選手権でタイトルを獲得した経験を持つ。この年はプレマ・パワーチームからFIA-F3にスポット参戦を果たし、2018年からはモトパークより同選手権にフル参戦。2019年はハイテックから出場し、ランキング4位でシーズンを終えた。

 2018年の10月からレッドブル・ジュニアチームの一員となったビップスは、11月に行われるマカオGPにもハイテックから出場することになっている。

 一方わずか3レースでスーパーフォーミュラのシートを明け渡すことになったオワード。2018年にインディ・ライツのタイトルを獲得し、2019年はインディカーやFIA-F2にスポット参戦していたオワードは、第4戦富士スピードウェイよりダニエル・ティクトゥムに代わってスーパーフォーミュラに出場していた。

 初戦となった第4戦はいきなりウエットコンディションでのレースとなったが、第6戦岡山国際サーキットでは5位に入賞して初ポイントを獲得した。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る