SCBストックカー・ブラジルに参戦するR. Mattheis Motorsport(Rマシアス・モータースポーツ)は、地元ブラジルを代表する石油企業Petrobras(ペトロブラス)のブランドである“BR”の支援を得て、2021年からその活動を同社の“Lubrax”ブランドへスイッチすると同時に、元F1ドライバーのフェリペ・マッサが加入することを発表。2020年はCrown Racing(クラウン・レーシング)に在籍し、BRのカラーリングで戦ったフリオ・カンポスとともに、シボレー・クルーズのステアリングを託すことをアナウンスした。

 ロドルフォ・マシアス率いるチームは、2021年のSCBシーズンに向け新たに『Lubrax | Podium Stock Car Team(ルブラックス|ポディウム・ストックカー・チーム )』を結成し、F1引退後はSCBへのスポット参戦も経験した元フェラーリドライバーを招聘することを決めた。

「我々はストックカーでの成功に向け、新たなプロトコルを構築した。チームを結成し、モータースポーツでのコンピテンシーと豊富なキャリアを持つフェリペ・マッサのようなドライバーを探したんだ」と語るのは、BR Distribuidoraのマーケティング部門でビジネス開発ディレクターを務めるレオナルド・ブルゴス。

「我々とチームの契約は2年間で、2020年にパートナーシップを成功させたドライバーであるフリオ・カンポスも、引き続きともに戦ってくれる。ふたりはこの分野の専門家であり、疑いようのない才能の持ち主だ。何よりも彼らは友人同士であり、チーム内での健全な議論をリードしてくれるはずだ」

 パラナ出身のカンポスは、2014年にシリーズ初優勝を記録して以降、BRの支援を得た2018、2019年はタイトル争いを展開するパフォーマンスを披露。SCB参戦10年目を迎えた2020年はクラウン・レーシングのシボレー・クルーズをドライブし、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の制限を受けた難しいシーズンをランキング13位で終えている。


■マッサ「母国に戻ってストックカーで競うことは、本当にクールな出来事だ」

「2021年も新たなチームで、彼らとのパートナーシップを継続できることをうれしく思う。マシアス家のチームに復帰し、モータースポーツに手厚い支援を続けるBR Distribuidoraのサポートを得られるのは、心からモチベーションを掻き立てる環境だ」と、BRとともにチーム移籍を果たしたカンポス。

「また幼なじみであり、ブラジルでもっとも重要なドライバーのひとりであるフェリペ・マッサと、国内最大のカテゴリーであるストックカーで一緒に戦えることを光栄に思うよ」

 2017年には、このRマシアス・モータースポーツでポールポジションと優勝を記録し、ランキング3位に輝いたカンポスとともにシリーズフル参戦を決めたマッサは、20年間に及ぶ国際カテゴリーでのキャリアを経て、いよいよ地元でのチャンピオンシップ本格挑戦に望む。

「ブラジルに戻ってストックカーで競うことは、間違いなく本当にクールな出来事だ。兄弟と言えるフリオ・カンポスとチームを共有することは、僕にとって大きな喜びだよ」と、旧知のドライバーと組む喜びを語ったマッサ。

「この新しいチームとともに戦い、マシンをドライブする日が待ちきれないね。BR Distribuidoraからのサポートで、チームを成長させることに全力を傾けたい」と意気込みを語る。

 F1時代はザウバー、フェラーリ、ウィリアムズで16シーズンを戦い、通算269戦で11勝を記録。F1引退後は電動シングルシーターのABBフォーミュラE選手権で2シーズンを過ごし、2018年には当時の強豪CIMED Racing(シムド・レーシング)から、高額賞金戦“ミリオン・レース”へゲスト参戦も果たしている。

 2020年から車両規定が変更され、新たにTOYOTA GAZOO Racingブラジルが参入したSCBで、母国復帰のマッサがどんなドライビングを披露するか。トヨタ陣営に在籍するルーベンス・バリチェロやリカルド・ゾンタなど、F1卒業組の先輩ドライバーたちとの勝負にも注目が集まる。