BTCCイギリス・ツーリングカー選手権に2020年から新規参入を果たし、MB Motorsport accelerated by Blue Square(MBモータースポーツ・アクセラレーテッド・バイ・ブルー・スクエア)のエントリー名でFK2型のホンダ・シビック・タイプRを走らせてきたチームは、スポーティングディレクターを務める元F1ドライバー、マーク・ブランデルの決断によって新たなチーム体制に移行することを表明。Motorbase Performance(モーターベース・パフォーマンス)の資産を引き継ぎ、2021年はフォード・フォーカスSTへスイッチすることを決めた。

 名門ブラバムからデビューしたF1時代にはティレルやマクラーレンなどに在籍、ル・マン24時間ではニッサンR90CKでのポールポジション獲得に加え、プジョー905Evo1Bでの総合優勝も果たしているブランデルは、キャリア晩年にドライバーとしてBTCCにチャレンジ。

 2018年から2シーズンに渡ってNGTC規定ツーリングカーを走らせたのち、昨季からAmD Tuning.com代表のショーン・オランビーと協力し、自らの新チームを立ち上げてシリーズに関与してきた。

 そのオランビーは、このオフシーズンにピート・オズボーンと共同でフォード系トップチームのモーターベース・パフォーマンスを買収。これによりAmDのジョイントチームであるMBモータースポーツが、2台のTBL枠(TOCA BTCC Licences)を引き継いでフォード・フォーカスSTを走らせることとなった。

 この結果、すでに2021年に向けた契約締結を済ませていたジェイク・ヒルは、エースとしてフォーカスのステアリングを握り、メインパートナーだったブルー・スクエアもチームに残留。ふたり目のドライバーもまもなく発表される予定だという。

「このニュースは、チームの旅にもうひとつのエキサイティングな分岐点が加わったことを示している」と、新組織移行への決意を語ったブランデル。

■「FK2ホンダ・シビックは素晴らしいクルマだった」

「我々は皆、昨季デビューシーズンに経験したすべてのことを愛しており、来季はもっと多くのことを成し遂げたいと思っている。ショーンとピートとも素晴らしい関係を築いており、その旅の"ネクスト・ステップ"として、モーターベース・パフォーマンスと協力できることを光栄に思っている」と続けたブランデル。

「FK2ホンダ・シビックは素晴らしいクルマだった。ドライバーを含め、我々チームはそのパフォーマンスを好ましく思っていたが、どのマシンもすべてがモータースポーツでの寿命を持っている。フォード・フォーカスSTは新規モデルとしての良いペースだけでなく、BTCCでの前進に重要な役割を担うと確信している。2022年に導入される共通ハイブリッドの適用に関してもね」

 一方、チームのエースドライバーとして契約を更新していたヒルは、2020年のデビューイヤーに5勝を記録した最新世代フォーカスの性能に「とてもワクワクしている」と、急遽マシンスイッチの決定を前向きに受け止めている。

「すべての議論がまとまったと聞いて本当にうれしかったし、今季はそのフォード・フォーカスSTのステアリングを握ることになるだろう」と語ったヒル。

「シビックRは僕にとっての大いなる前進を支えてくれた(キャリアハイのランキング7位を記録)名機で、そのすべてのレースを満喫することができた。でも今日の発表でチームはふたたび別のステップへと進み、新たなシーズンへの僕の野心も引き上げられることになったよ」

「ブルー・スクエアのチームと仕事を続けられることも本当にうれしい。2020年の初めに、僕は彼らの組織とキックオフ・イベントに参加することを心から楽しむことができた。2021年も一緒に複数のレースで勝つことを楽しみにしている」