1月22日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は2021年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPにおける暫定カレンダーを更新したと発表した。

 2020年11月6日に発表された2021年MotoGP暫定カレンダーでは、3月26〜28日にカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで開幕を迎え、11月12〜14日にバレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで最終戦を迎える全20戦の予定が発表されていた。

 しかし、4月9〜11日にアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われる予定だった第2戦アルゼンチンGPと4月16〜18日にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催予定だった第3戦アメリカズGPをシーズン終盤まで延期することを発表した。

 今回発表された新たな暫定カレンダーでは、3月26〜28日の第1戦カタールGPの翌週にもう一度カタールで第2戦ドーハGPとして実施。第3戦アメリカズGPが開催予定だった4月16〜18日に第3戦ポルトガルGPがアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベで行われることとなった。

 また、5月の第4戦スペインGP以降の日程に変更はないが、フィンランドGPとオーストリアGPの間に予定されていた未定の1戦が、開催日程から外された。

 そして、インドネシアGP(マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット)がリザーブトラックとなっているが、ロシアGP(イゴラ・ドライブ・サーキット)が外れた。

 2021年もすべての日程とイベント、観客の動員などは、新型コロナウイルスのパンデミックの進展と対応する政府および当局の承認の対象となる。

■2021年MotoGP暫定カレンダー(2021年1月22日発表時点)
Roundグランプリサーキット決勝レース日第1戦カタールロサイル・インターナショナル・サーキット3月28日第2戦ドーハロサイル・インターナショナル・サーキット4月4日第3戦ポルトガルアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ4月18日第4戦スペインヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト5月2日第5戦フランスル・マン-ブガッティ・サーキット5月16日第6戦イタリアムジェロ・サーキット5月30日第7戦カタルーニャカタロニア・サーキット6月6日第8戦ドイツザクセンリンク6月20日第9戦オランダTT・サーキット・アッセン6月27日第10戦フィンランドキュミリング7月11日第11戦オーストリアレッドブル・リンク8月15日第12戦イギリスシルバーストン・サーキット8月29日第13戦アラゴンモーターランド・アラゴン9月12日第14戦サンマリノミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ9月19日第15戦日本ツインリンクもてぎ10月3日第16戦タイチャン・インターナショナル・サーキット10月10日第17戦オーストラリアフィリップ・アイランド・サーキット10月24日第18戦マレーシアセパン・インターナショナル・サーキット10月31日第19戦バレンシアリカルド・トルモ・サーキット11月14日